お天道様がいつでも見ている。

お天道様がいつでも見ている。

日本には、「お天道様が見ている」という考えがありますよね。

他の誰が見ていなくても、いつもお天道様が見ている。

それは、決して見張っているという意味ではなく、見守ってくれているのだ。

空が曇っていようが、雨が降ろうが、いつでも太陽は存在する。

すべてを平等に照らしてくれている。

太陽の光は、人生のスポットライトのようなもの。

人生のスポットライトは、光でもあり、愛そのものでもある。

その光は、良心とも言い換えられるだろうと鯛が教えてくれました。

自分の良心に恥じないように、今日を懸命に生きよう。

今日を懸命に生きてこそ、明日は文字通り明るい日となるに違いない。

あなたの中にも太陽がある。

今日生きるのが辛いときは、胸に手を当てて、内なるお天道様を感じよう。

内なる太陽をイメージして、すべては繋がっていることを思い出そう。

胸に手を当てて、広がる光や喜びを日常生活に活かすことが人生。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。