9月29日(火)・・・家族の支え

「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。

家族の支え

九月三十日は『三百六十五歩のマーチ』や『男はつらいよ』、『兄弟船』など数多くのヒット曲を生み出した作詞家、星野哲郎氏の生誕の日です。

星野氏は学校を卒業し、遠洋漁業の乗組員になるものの、大病を患って、数年間闘病生活を送ることとなります。文芸誌などに投稿する中で、ついには職業作詞家となり、以後半世紀余り、流行歌を手掛けていきました。

妻のことを「私の縁(よすが)だった」と語る星野氏は、三百通以上の文通の末に結婚しました。そして、〈妻を幸せにしたい〉との一心で作詞を続けたのです。また、詞の清書は妻が担当するなど、精神面と共に、星野氏の仕事も支えてくれました。

家庭の意義の一つに、エネルギーの充填が挙げられるでしょう。家庭が心休まる場所であるからこそ、生きる気力が湧いてくるのです。つまり、家庭内での悩みが絶えなければ、仕事に十分に集中できなくなるともいえるでしょう。

夫や妻、家族の支えがあって自分の今の働きがあることを自覚しましょう。そうした感謝の意を「いつもありがとう」と言葉にして伝えたいものです。

今日の心がけ◆家族に感謝しましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

「すみません」よりも「ありがとう」と伝えたい。

感謝したいときに、相手はいない。いつでも伝えられると思ったら、大間違いであると自覚しながら、常に感謝の氣持ちを伝え続けたいです。

家族のために仕事をしているのか?仕事のために家族があるのか?

大切なことを忘れてしまうと間違いやすい。

今日の職場の教養を読み、改めて大切なことを思い出しました。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です