仕事が難しいと感じている部下へ上司として一言!ねぎらいの言葉をかけていますか?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

占いは、人生のスパイスのようなもの。

毎朝、魚の占い【和価値愛カード】を一枚引きながら、浮かんだメッセージを書いていきます。

対応に追われ、難しい仕事をしてそうな部下へ何て声をかけていますか?「なんだこんなこともできないのか?」などと言ってしまえば、やる気もでなくなってしまいますよね。ちょっとした声のかけ方で、大きく異なるものです。今朝も引いて受け取るメッセージを通して、答えていきたいと思います。

仕事が難しいと感じている部下へ上司として一言!ねぎらいの言葉をかけていますか?

そんな問いかけに応えてくれたのは、19番【光】のカードでした。

今朝の魚の和価値愛カード

和価値愛カード19番『光』・・スズキ(鱸)

19番【光】のカードを通して浮かんだメッセージ。

仕事が難しい、大変!な時ほど、上司にかけられた言葉は印象に残るものです。そんな時、「こんな簡単な仕事、まだやってんの?」など言えば、やる気がなくなるだけでなく、上司のあなたに反発してしまうだけでしょう。

そんな時は、「大変そうだね。でも頑張ってね」というねぎらいの言葉が大切です。そこで、「昔は、みんな頑張ったんだ」と言った昔話は蛇足です。

「仕事難しそうだね。で、どこが問題なんだい?」こんな風に歩みよってくれる上司がいたら、やる気になりますよね。一緒に解決しようという気持ちが伝われば、「いえ、自分で解決しようと思います」とやる気が出てきますよね。

「まだそんなことで時間かかっているのか?」「こんなことも出来ないのか?」こういった言葉は、発破をかけているというよりも、相手の自尊心を奪うだけです。

今日のオススメの記事⇒吐き気の原因を正しく知ることで、精神的にも楽になる解消法とは?

 

今朝のカードをよく眺めながら瞑想してみよう。

【光】のカードを、もう一度よく眺めて下さい。

眺めれば眺めるほど、難しい問題の本質が見えるようになります。相手の能力の問題なのか?自分の育て方の問題なのか?人手が足りなくて、能力以上のことを押しつけていないのか?

眺めれば眺めるほど、部下をもっと信頼できるようになります。あなたのねぎらいの言葉が、光を照らすのか?闇へと葬るのか?もっと自覚できるようになる。

最後に・・・

今日という日をどんな一日にしたいですか?

今日は、部下の相談に乗る機会が多いかもしれません。

自分ができる・できないはおいておいて、相手の今のおかれている状況を理解しよう。

 

今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。

今朝のカードを眺めてから過ごしたら、「今日はこんな素晴らしいことがあった」という嬉しいご連絡お待ちしております。

魚画伯 拝


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA