さあ、一緒に立ちあがろう。転んだ時に見える景色が教えてくれる事とは?

あなたが今、表現を求められている事は?

直感を通して、内なる本当の自分を表現しなさい。後悔・罪悪感を一掃するのは、本当の自分に目覚める事。直感は、分離という幻想から自分を解放させてくれる。時間も空間も超えて、今を生きよう。あなたが今を生きる表現は、世界に立ちあがる勇氣を与えてくれる。

目の前に困難な状況が起こったら?

忍耐が必要な時こそ、内なる自分のメッセージを聞きましょう。人生で何が起こっても、あなたはそれを乗り越える力がある。力が備わったからこそ、目の前は相応しい状況が現れる。昨日乗り越えられなかった事が今日も乗り越えられない理由にはならない。乗り越えられない理由を探す事に、大切な人生を浪費するのはやめよう。

立ち上がるためには?

思いっきり泣いたっていい。時には、不平や不満を言ったっていい。転んだ時は、膝についた泥を祓い、さっと立ち上がろう。立ち上がるパワーがあなたに送られてきています。思いっきり泣く事で、過去の幻想を一掃し、浄化しましょう。転んだ時に見える地面の景色は何が見えますか?普段と違った目線で見る事で、大切な事に氣づけるかもしれません。当たり前の事を当たり前と思わず。

今こそ和価値愛。

もし大切なパートナーと関係性が悪くなっていたとしたら、先延ばしせずに修復しましょう。あなたのパートナーは、鏡のような存在であり、自分自身の見たい事も、見たくない事も映し出してくれている。関係性を修復する事で、あなたが立ち上がる時の後押しとなるか?足を引っ張るか大きく異なるでしょう。

鏡の中の我を溶かし愛すれば、自分も目の前の人も神であると思い出すでしょう。

調和というスポットライトで、自分の人生の舞台を照らし、学び愛を深めて再出発しましょう。出逢いは必然。今、出逢っている人たち、状況には意味がある。必然に逆らわず、運命のいたずらに惑わされず、回転の中心軸に意識を集中しながら、直感で湧き上がる無条件の愛を和価値愛ましょう。

最後に・・・

過去・・02『直感』と『表現』
現在・・14『忍耐』と『変容』
未来・・06『調和』と『鏡』

転んだ時は、毎日が奇跡の連続であると氣づくでしょう。当たり前と思っていた事が当たり前ではなかった。失ってみると大切さに氣づきやすくなる。

直感を通して、失う前に、大切さに氣づきましょうとメッセージが送られてきています。

あなたが当たり前と思わなければ、感謝が溢れる。世の中は、愛・光・喜び・感謝で出来ている。その事を自我は理解させまいと思い込みの夢を見続けさせる。

夢を求めるよりも、今に目覚めよう。朝という字が十月十日を表現するように、毎朝が生まれ変わり。目覚めたメッセージを人生のキャンドルサービスとして、この世界に表現しましょう。

直感は、あながが立ち上がるための応援であり、エール。

 

忍耐が必要と思われるような自我の夢の中で、変容というカードが昨日の自分と今日の自分は違うと教えてくれています。過去のトラウマに陥る事なく、今日の自分を存分に表現しましょう。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です