昨日は実家のプールに行ってきました。平蔵大喜び!!

昨日は、息子平蔵と実家に行ってきました。

「プールあるからおいで!」と誘われて・・・

予想よりもプールが大きかったのでびっくり。

見た瞬間、平蔵がテンションマックス!!

マックスな平蔵見ているだけで、パパは幸せ。

プールからあがった冷え切った平蔵をバスタオルでふきながら、なんて可愛いんだろうとデレデレ。

親バカですが、本当に目に入れても痛くないような氣がしました。

 

平蔵が着替え終わると・・・

父親が、「明日は平蔵いるの?よかったら、(妹の子供と一緒に)映画につれていくけど」と誘ってくれました。

平蔵は、ひとつ年上の妹の子供、タイちゃんが大好き。

「タイちゃんと一緒に明日映画行く?」と聞いたら、それだけで更にテンションマックスでした。

 

映画に連れていってもらっている最中立ち寄った本屋で・・・

翌日の今日、妻と娘二人が別のお友達家族とおかけ。

息子平蔵が、小生の父親と映画に・・・

その間、小生は、本屋に立ち寄りました。

勇氣づけられた言葉

なんとなく、普段は通らないような本屋さんのコーナーを無意識に歩いていました。

目に飛び込んできた殿村進さんという方の作品、言葉に目からウロコ。

無一文になっても、まだ自分という財産がある
それにおまえという道連れがいる
仕事は失敗 金もなし
頼れるものは何もなし

ああ、これで俺の人生も もう終わりだよ
逃げる気か

お前はまだあるじゃないか 
自分と女房という財産が

諦めさえしなければ 何とかなる
それが人生だ   引用:殿村 進さん

先週から自分の中で、不安で消えかけていた光が、お陰様で、再び灯し始めてくるのを感じました。

昨日は家に帰ってから、実家で平蔵を預かってくれている間、今まで知らなかった殿村さんという存在を調べてみた。

「葛藤する中、これを機会にお地蔵さんとか描いてみようかな~」とあれこれ描いてみようとも思いましたが・・・

やっぱり小生は魚の絵しか描けないとも思った(笑)

お陰様で、原点に還れたような氣が致します。

 

三人の子供たちもいづれ反抗期にはいるだろう。

今日の昨日のプールではしゃぐ平蔵の笑顔を見ていたら、どんなことでも乗り越えられるような氣がする。

いづれ子供たちも数年で年頃になり、一緒に出かける機会も減るかもしれない。

支えなければと氣負うことなく、こうして笑顔に支えられているんだとブログを更新しながら、まじまじと平蔵の写真に目が釘付け(笑)

 

支えさせて頂ける父親として、逞しく生きていこう。

来月から内臓調整師として始まる整体の学校。

今も将来も役に立てるためには、何が必要か?

3年間の損保の研修生時代が終わり、これから始まる整体師として研修生の時期が始まる。

そんな大きく生活が変わろうとしている時、昨日の平蔵の笑顔と今日の本屋で影響を受けた言葉。

宝物にしたいと思います。

親バカなコメントばかりかと存じますが、これからも宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です