魚以外も描いてみました。

魚の絵しか描けない保険屋こと魚画伯です。

ソロモン流に刺激されて

先週のテレビ東京の『ソロモン流』をご覧になられましたでしょうか?

レストラン専門青果店「築地御厨」の内田悟さんを賢人として、放映されていました。

野菜にかける愛情が、ものすごくて、観ながら商売ってこれだなぁ~と思う程、夢中になって番組に釘付けでした。

野菜をみつめるその目や話し方がとってもあったかくて、そこに至までの物語に、涙流しっぱなしでとまりませんでした。

何を食べるかも、その人の人生、人格を表すと素敵な氣づきをたくさん頂きました。

今まで、野菜を扱う友達やいろいろな方に、野菜も描いてよと依頼がございましたら、『魚以外、描けないよ~』とお断りし続けてきましたが、(ごめんなさい~)番組が終わってから、野菜に命を吹き込む農家の方やそれを大切に卸す賢人こと内田さんの想いなどが、小生の体じゅうにいっぱいになった時、無性に体に優しく、大地の恵み、命のエネルギーを野菜の絵を通して表現したくなってきた今日この頃です。

京にんじん

まだまだ暑い日々が続きますが、季節は、秋を迎えて・・・・人をテーマに、旬の野菜、にんじんを描いてみました。

その思いをにんじんを描いた今日伝えたくて、題材は、京(今日)にんじんうっしっし

間、ひとりでは、なかなか自分とは、何者であるか氣がつきにくい。

人に出逢って、自分に氣がつく

と思っている今日この頃。自分が何者であるか分らなくなってしまったり、誘われてみたものの
参加するかどうか迷った時・・・・第一回目のにんじん(人参)からの愛のメッセージとして、この言葉を送ります花

よく、ダイヤモンドは、ダイヤモンドによって、人は、人によって磨かれる・・・なんて言われますが、今回の番組を拝見させて頂き、旬の大地の恵みたっぷりな野菜を通しても人は磨かれると思う今日この頃です。

子供たちに安心で安全な美味しい野菜を食べさせたくなりました~。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

4 件のコメント

  • 先日は問題ないと思いましたが、名前を変えなきゃならなくなりましたね。「魚菜画伯」かな?

  • ナイトサファリ携帯さん
    いつもありがとうございます。
    そうですね、いよいよ改名の
    時がきましたかね~。

    改名について、解明して
    いきたい今日この頃です。

  • 京にんじんも素敵ですね☆

    今回のブログを読んで、手間と経費はかかるけど、稲の藁を肥やしにして米や野菜を作ったり、畳床にしたりという、昔ながらの好循環のリサイクル社会が少しでも見直されるといいなと思いました!

  • 畳屋さん
    いつもありがとうございます。
    手間・ヒマかける事が、
    命の継承ですね。

    これからの時代は、好循環が
    キーワードになりそうですね。
    win-win

    いつもありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です