人生の主役は自分自身

人生の主役は自分自身

人生という舞台で、自分が主人公であると意識することは大切ですよね。

卑屈になり過ぎると、「自分が主人公だなんて横柄だ」なんて思ってしまいませんか?

謙虚と卑屈は大違い

他人のために生きることは、素敵ですが、それでも、自分が主人公であることを忘れてはならないと思います。他人のために、他人のために、という想いが強すぎ、自分が脇役になり続けることは、卑屈というもの。

卑屈の裏に存在するものとは?

卑屈は、度が過ぎると横柄になるという裏の顔が出てくる。

「なんで、あなたのことサポートしてたのに、分かってくれないの?」

そんな不満は、いつか爆発する。

「人の為に生きる」という言葉は、便利で、一見敵を作らない言葉のように見える。

しかし、人の為・・・と書いて、「偽」という字になる。

この漢字を考えた昔の人は、すごいなと思う。

人の為に生きることは悪いことではない。

人のために生きようが、自分のために生きようが、全部自分の選択であり、自分に責任があり、自分のためにやっていること。

自分の人生の舞台は、自分に責任があるから素晴らしい。自分の人生という舞台の主人公は、自分自身であり、スポットライトを照らすのも、自分の機嫌をとるのも、全部自分自身なんだ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。