7月14日(水)・・・信用こそ財産

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

信用こそ財産

フランス革命時代の随筆家で、「人間の生き方」を哲学的に考察したジョセフ・ジュベールは、膨大なノートに、様々な格言を遺しました。その一つに「我々の信用は、我々の一つの財産である」という言葉があります。

一般に、有形の財産は、土地や建物、有価証券、物品など金銭的な価値を有するものが挙げられます。その一方で、形はなくとも価値のある財産があります。

形のない財産とは、信用、人脈、技術などです。また、社風、ブランド、ノウハウは、企業における形のない財産ともいえるでしょう。とりわけ「信用」は、ビジネスの世界において最も重要な財産であるのです。

しかしながら、「信用」は一朝一夕に得られるものではありません。納期、時間など、「約束を守る」ことを積み重ねることで、「人から信用される」という金銭には代えがたい財産となり得るのです。

一度でも約束を破れば、長い間積み上げてきた「信用」を一瞬にして失いかねません。形のない財産にも意識を向け、人としての価値を高めたいものです。

今日の心がけ◆形のない財産を大切にしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

今朝の職場の教養を読み返していると、星の王子様の「大切なものは、目に見えないんだよ」というセリフを思い出しました。

約束という階段を積み上げて、信用。

信用という階段を積み上げて、信頼。

信用を得ることも大切ですが、その反面、「信用していたのに」と簡単に相手を責める人がいるのも確か・・・

相手を鵜呑みにして、簡単に「信用しているよ」と言う方にも注意が必要ですね。

ちょっと脱線しましたが、今は自分のやることに責任を持ち、形のない財産を大切にしたいです。銀行に貯金残高を増やすのも大切ですが、宇宙に信用残高を増やすことも忘れないようにしたいです。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です