7月7日(水)・・・文(ふみ)をしたためる

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

文(ふみ)をしたためる

七月の異称は文月(ふみづき)です。旧暦の七月は、現代の暦では八月頃にあたります。

文月の語源には諸説あるようです。その一つに、「七夕に、願い事や短歌を短冊に書いた」ことから、文(ふみ)をしたためる月になったという説があります。

一口に「文」といっても、その形態や長短は様々です。七夕の短冊に願い事を書きとめたり、色紙に短歌を記したりする場合は短文ですが、日記や手紙は長くなる場合もあるでしょう。

手紙は、お祝いのメッセージや依頼事、近況報告など、どんな目的であれ、自分の想いを相手に伝えるための有効なツールとして昨今見直されています。

また現代では、パソコンやスマートフォンのメール、SNSなどで手軽に自分の思いを表現したり、発信したりすることができます。文章に表すことは以前にも増して身近になったといえます。

頭の中に漠然と描く思いや考えを整理し、明確に表すために、かくことを習慣化していきたいものです。

今日の心がけ◆思いや考えを整理して記しましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

 

最後に・・・

書き出すって大事ですよね。

頭の中だけで、ぐるぐるまわしても、堂々巡りになることも多いです。

いいことも、悪いことも、紙に書き出して、思考の整理整頓をしよう。

頭で考えたことを書き出すことも大切ですが、書いているうちに、自然に手が勝手に書き出した言葉に、自分でもびっくりすることもあります。

あれ、自分ってこんなこと考えいたんだ・・・って!!

文月である七月、特に文章に落とし込むこと意識してみようっと!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です