6月13日(日)・・・島民の応援

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

島民の応援

毎年春に開催されるセンバツ高校野球大会ですが、昨年は代表校が決まった後、大会中止が決まりました。今春、二年ぶりに球児たちが甲子園に帰ってきました。

今年初出場した長崎県西海市(さいかいし)の大崎高校は、人口約5千人、生徒数百十四人の島にある唯一の高校です。同校は、甲子園出場高校の指導経験を持つ清水央彦(しみずあきひこ)監督が赴任する三年前、部員が五人と廃部寸前のチームでした。

そのようなスタートでしたが、「三年で甲子園に行くぞ」という監督の熱意に、対岸の佐世保市からも生徒が集まり、寮生活の中で、練習に明け暮れました。

島民や、島にあるゾウ膳会社の社員もその姿に感銘を受け、地元の農家や漁師たちからは「たくさん食べて頑張って」と差し入れとエールを贈られました。

監督も選手の多くも島外出身でしたが、住民の優しさに触れ、「島の人たちのためにも甲子園に行く」と応援に応えて、甲子園への切符を手にしたのでした。

惜しくも一回戦で負けた同校でしたが、長崎県西海市で生まれ育ったN氏は、「夏の大会ではテレビで校歌を聞きたい」と地元愛が深まったと言います。

今日の心がけ◆エールを力に変えましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

どんなに困難と思える状況でも、応援してくださる人がいるというだけでも、ありがたいですよね。

あなたの夢や志は、あなたのためだけではない。

今日の心がけのように、エールを力に変えて、立ち上がろう!!

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です