1月1日(金)・・・丑年の目標

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

新年明けましておめでとうございます。人生のキャンドルサービスとして、シェア拡散してくださった人生前向きな皆様、昨年は大変お世話になりました。

丑年の目標

今年の十二支は、丑(うし)です。

日本では一般的に、十二支を干支(えと)と呼んでいますが、本来、干支とは十干(じっかん)と十二支を組み合わせた、六十周期を表わすものをいいます。年や月、日、方角を表わすために、古くから中国で使われていました。

十干とは、「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」の総称です。

現在では、従来の干支の使われ方は、私たちの普段の生活の中にあまり見られませんが、十二支を最も身近に感じるのは、生まれ年でしょう。

本来は読み方が違っていましたが、子(し)を鼠(ねずみ)に掛けて「ね」、丑(ちゅう)を「うし」と読むようになり、動物と同一視するようになったといわれています。

牛はかつて、農耕の仕事を助けてくれた大切な存在でした。歩くスピードは速くないものの忍耐強く仕事をこなしてくれ、大変重宝されていました。それにちなんで丑年は、コツコツと努力をすることを目標に掲げる人もいるようです。

今日の心がけ◆根気強く続けましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

丑年は、コツコツ努力を重ねる年なんですね。

三日坊主の小生には厳しいテーマ(笑)

根氣よくよりも、今期よく!!

与えられたご縁に感謝しながら、人生前向きな皆様とご一緒に成長できたら嬉しいです。目にうつっていても、うつっていなくても、すべては偉大なる教師。

くよくよ考えず、よくよく閑雅ながら、2021年も宜しくお願い致します。

今年も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な年でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です