12月12日(土)・・・サンタクロースの学校

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

サンタクロースの学校

クリスマスのシーズンがやってきました。元々はキリスト教にまつわる行事ですが、日本でも、慣習として広く受け入れられています。

クリスマスに欠かせないのが、サンタクロースの存在です。イギリスのロンドンには、サンタクロースになるための学校があります。

そこでは、聞く人を朗らかにする「ホッホッホ」という笑い声や、世界中の人たちとのより良い交流のために、種々の言語による挨拶を学びます。ほかにも「メリークリスマス」という言い回しなど、様々なことを学ぶといいます。

それは、子供たちや接する人々と共に、夢と希望がつまった魔法の時間を楽しく過ごすことを目指してのことといえるでしょう。

サンタクロースは今年も、それぞれの社会情勢に合わせながら、子供たちと魔法の時間を過ごすべく、世界各地に喜びを運んでいきます。

私たちも、関わる人々の笑顔を思い浮かべて業務にあたりたいものです。そうすることで、自分自身の喜びが増す一日となることでしょう。

今日の心がけ◆人々の喜びを願いましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

子供たちが、サンタクロースの存在を信じていた頃が懐かしい。

クリスマスイブに子供たちが寝ている間に、こっそりとプレゼントを枕元に置く瞬間、そして、翌日、寝室からリビングへ走る足音。

「パパ、ママ、サンタさん本当に来たよ~」

「来たの~」

「本当に来た~」

もう、そんなサプライズの経験はできないけれど、いつまでもそんな喜ぶ笑顔を見ていたいな。

今朝の職場の教養を読みながら、10年ちょっと前を思い出しちゃいました。

そんな氣持ちで、仕事もプライベートも充実していきたいです。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です