10月17日(土)・・・実りへの感謝

「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。

実りへの感謝

「お伊勢さん」と呼ばれ親しまれている伊勢神宮で、最も重要な祭りが十月に執り行なわれる神嘗祭(かんなめさい)です。

神嘗祭とは、その年に収穫された新穀を最初に天照大御神に捧げ、秋の実りに感謝する祭典です。

そこでは、神宮の内玉垣に、全国の農家から寄せられた懸税(かけちから)と呼ばれる稲の束が奉献されます。懸税のちからは「力」という漢字にも当てられます。

私たちは、食事を摂ることで生きる力を得ます。職は栄養となり働く力となって、社会を支える力へとつながっていきます。

食物を生産した人たちは、それが私たちの日々の力になるように願っていることでしょう。食物を運ぶ人、料理する人などが皆が、私たちが日々健康で、良い働きができるのようにと、願っているに違いありません。

食事は様々な食材からなり、多くの人の力が懸けられています。その人々の想いを受け取り、力とするためにも感謝していただきたいものです。

今日の心がけ◆感謝して食事をしましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

食物を生産した人たちは、それが私たちの日々の力になるように願っていることでしょう。

そう願いたい。出荷の野菜には農薬じゃぶじゃぶ、自分の家族が食べる分は、農薬を使わないという農家さんが何と多いか嘆きたくなる今日この頃ですが、今日はそんな余計なことを考えず、純粋に頂いている命に感謝しようと思います。

きれいごとも続けていれば、きれいなことに繋がる!!

食を作って下さる方、運んで下さる方、料理してくれる妻、昌子ちゃん。

そして、一緒に食事をしてくれる家族のみんな。

すべてに感謝しながら、頂きたいと思います。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です