何を見つめるかは、自分に責任がある\(^o^)/

おはようございます\(^o^)/
精神的にも肉体的にもバランスを整える
スーパー・プロデューサーの魚画伯です。
2007-08-03 22:47:36
どんなにまわりを責めたとしても、
結局は、後悔・罪悪感を通して、自分を
責めているに過ぎない。
なぜなら、目の前に見える他人のような
存在は、過去の自分が投影したものであり、
自分自身であるからである。
すべては繋がっている。
すべては、無条件の愛そのもの。
過去が作り出した後悔・罪悪感も、
未来が作り出した不安・恐れも、
幻想であり、条件付きの愛に振り回されては
ならないと教えてくれました。
目の前の相手の中に、何を見つめますか?
そこに闇を見つける事ができたなら、
それは、今、自分の心に闇を作り出し・・・
そこに光を見つめる事ができたなら、
お互いに学び愛、讃え愛、和価値愛を通して、
闇を溶かす事ができるでしょう。
相手の素敵なところを発見すればするほど、
無条件の愛そのものである本当の自分を思い出し、
愛の偉大なる教師となるでしょう。
本当の自分から遠ざかる人生の往路で、
どこへ行くか迷うのはもうおよしなさい。
あなたは、人生の復路で、本当の自分がどこから
やって来たのか知っている。
人生の折り返し地点で、自我の手動モードから、
あるがままの自動モード・愛モードにシフトチェンジし、
本当の自分に還る川下りの旅を楽しみ愛ましょう。
今日も明日も人生前向きなあなた様にとって、
ますます素敵で明るい日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です