先進医療から選定療養に変わる白内障手術とは?!

2020年4月より一部の多焦点眼内レンズを使った白内障手術が先進医療の対象外となりました。

先進医療とは、厚生労働大臣によって認められた医療機関のみが実施できる高度医療技術を用いた安全で有効な医療技術のことです。

同じ高度医療技術を使っていても、医療機関によって、先進医療として認められている医療機関と認められてない医療機関は異なりますのでご注意ください。

先進医療から選定療養に変わる白内障手術とは?!

2020年4月1日以降

選定療養とは・・・

追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度のこと。

今までは、「先進医療」という制度では、多焦点眼内レンズの費用以外の部分に該当する白内障の手術自体も保険適応外となり、全額自己負担となっていました。

民間の生命保険の医療保険に「先進医療特約」としてつけている方は、この自己負担分が保険の対象となり、2020年3月末までに、駆け込み寺のように手術を受けようとしていた方も多かったかもしれません。

2020年4月1日以降に多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が先進医療から外れるため、民間の医療保険などについている「先進医療特約」の支払いの対象外となりますので、ご注意ください。

今まで・・・先進医療特約を付けている方へ

「自己負担なしでできるから、今のうちがお得」と安易に術後のリスクを理解しないで、手術にふみきっていませんでしたか?

どんな手術もリスクは伴うもの

今までも・・・そして、これからも・・・

セカンドオピニオンやサードオピニオンをとるなど、冷静な判断が必要かもしれませんね。

そもそも白内障や緑内障とは?!

白内障や緑内障といった目の病気は、年齢とともに仕方がないと思っている方も多いでしょう。しかし、白内障も緑内障も原因は体液の循環が滞っていると考えられているのです。

白内障

カメラにたとえると、レンズの部分に該当する水晶体(すいしょうたい)が濁って見えにくくなる。

緑内障

眼圧が高くなり、目の神経に圧力が起こって見えにくくなる。緑内障が進行すると失明のリスクが高まりますので、注意が必要です。

眼圧が高い方は、カラダ全体の圧力が高まっている傾向が強いので、血圧も高い傾向にあります。

自律神経の乱れにも着目が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。