「どんな人に情熱を注ぐか?」友人から教わった大切なこととは?

契約内容の確認で、今日は大学の友人との飲み。

いつも会う度に、「お互いに成長しているな~」と実感できるのが嬉しい。

最近始めたお客様の喜びの声の依頼。

友人が書いてくれた言葉とは?

正直に言うけど、長谷川に生保の話をされたとき、(柏のロイヤルホストで)“へぇ~”で終わっていたよ。一生懸命話しているので、一応聞こうという感じ!オレ自身も○○生命・○○生命と加入され、生保に対する考え方が変わってきたのだと思うけど、結論としては、「長谷川のねばりにうたれた」というのが一番だと思うよ。今、知り合いに生保の話をするときは、「とっても頑張っているやつがいるから話を聞いてくれ」と話すようになったよ。(中略)とにかく言いたいのは、数字もあるだろうけど、客をえらんでへんなことを言い続けている人には売るな!「そんなことを言うなら入ってもわらなくてもいいです」と言ってください。バカを相手にする程、我々には時間はないと思うしね。長谷川と契約したあとも何社かの生保から勧誘されたけど、すべて断っています。

普段の会話からは分からなかったけど、いろんな人に声をかけられたにもかかわらず、自分を選んでくれて本当にありがとう。

改めて、その友達は仕事もできるし、人間として尊敬しているから、当然いろんなとこから声かかるよね。

とくに自分にビビっときた言葉

とにかく言いたいのは、数字もあるだろうけど、客をえらんでへんなことを言い続けている人には売るな!「そんなことを言うなら入ってもわらなくてもいいです」と言ってください。バカを相手にする程、我々には時間はないと思うしね。という言葉は突き刺さりました。

時々、そんな事を言えない弱さが出てしまいそうになる。

一期一会

一期一会という言葉は、誰からも好かれようとすることではない。

大人だから相手に精一杯配慮することも大切だが、信念を曲げてまで卑屈になってはならないのだと思った。

謙虚卑屈は大違いなのだから。

もしかしたら、知らず知らず、卑屈になっていた部分があるかもしれないと思えてきた。

そんな時は、友達の言葉を思い出し、卑屈にならず、横柄にもならず、プライドを持って仕事をしよう。

いつもよりも大きく見える友達も、そうやって信念をねじ曲げず戦っているんだね。

「今も将来も役に立つ話」を通して、100人に誰からも好かれる話を1注ぐのではなく、ちゃんと共有できる10人の人に10のエネルギーを注ごうと思った。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

14 件のコメント

  • 消えちゃうこと、ありますよね。
    私も何度消えたことか、、、。

    今は、メモ帳にテキスト打っておいて、それをコピー&ペーストするようにしています。
    そうすれば、消えても、また貼ればいいだけだから。

  • 僕も何度かあります。
    特に絵文字を入れている際に起こりませんか??
    (emoji code="h258" /)
    こんなのだけが表示されて
    あとは全て消えてしまいます。

    ですので最近はmswordで文章を作って
    一旦保存してからcopyして落としています。。
    折角時間掛けて書いたのに、"えっ??"って
    感じですよね。。。(悲・・)

  • ありますよー! キアイ入れて書いた時ほどそうなるような・・・
    疲れがどっとでますよね σ(; ̄□ ̄a アセアセ

    今日の絵手紙 いいですね~ 今の気持ちのピッタリきました^^ ありがとう画伯さん!

  • 自分が書いた文章も「一期一会」的な状態にあるので、再現するのは不可能ですよね…。

    悲しいお気持ちを察します…。

    でも、めげないで。
    私も何度も消えてしまったことがあるので。

  • 久しぶりに覗いてみたら
    なんかトラックバック攻撃されてますねぇw

    奥さん同士でメールしあってましたけどなかなか日程が合わず。。。
    そのうちケーキもってお伺いいたしますねw

  • yumicornさん
    そうですよね。
    自分の打ったコメントも
    一期一会・・・・
    今日も素敵なお言葉を
    ありがとうございます。
    立ち直れそうです。

  • びぃ。さんもあるんですね。
    勇氣づけられました。
    今回、氣合いいれて打っただけに
    ショックでしたが、
    また描く氣になってきました。
    ありがとうございます。

  • 苦しいこともあるだろう。
    言い度いこともあるだろう。
    不満なこともあるだろう。
    腹の立つこともあるだろう。
    泣き度いこともあるだろう。
    これらをじっとこらえてゆくのが男の修行である。