一日の締めくくりは、いつでもめで鯛!めで鯛!!

魚画伯
おはようございます。家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

朝一、今日はやるぞ~と目覚めるのは大事。

でも、先日、お客様から「朝一、モチベーションを上げるためには、前日の準備が大事なんだ」と教えてくれました。

寝る前の30分の過ごし方が大事なんだそうです。

一日の失敗を振り返りながら、くよくよしながら寝床に入っていませんか?

一日の締めくくりは、いつでもめで鯛!めで鯛!!

めで鯛、めで鯛。

今日どんな辛い出来事があっても、明日には持ち越さない。と決める!!

翌朝寝床から目覚めたとき、「あ~あ、昨日は失敗しちゃったな」というテンションでは、スタートラインにすら立てない。

どんな事があっても、一日の締めくくりはめで鯛

今日一日は失敗の日だった?

失敗から学べることはたくさんある。成長への踏み石として教訓に活かそう。

しかし、寝床まで反省材料を持ち込むのはやめよう。

お客様から大切なことを教わるまで、寝床に思いっきり、後悔と罪悪感を持ち込んでいた(笑)

 

反省はサルでもできる?(笑)

失敗は誰にでもある。でも、その失敗を繰り返してしまうのは、意外と後悔と罪悪感だったりもする。

反省はしても後悔は寝床に持ち来ない。

反省材料と後悔はセットにしてはならない。

まず、反省点と後悔という余計なエネルギーは、切り離しておく。反省と後悔を同時に解決しようとしないことだ。

後悔という不要なエネルギーを手放したら、反省すべき点が浮き彫りになる。

そして、浮き彫りになった反省は、夕方までに終わらせておこう。

明日のためにその1

反省と後悔を切り離して、夕方までに決着をつけておく!

夕方までに決着しておけば、後は美味しいお酒が待っているだけなのだ(笑)

乾杯の席に、愚痴はいらない。

後悔は、ココロとカラダをむしばむだけで、成長の障害になるだけ。後悔はお酒の席や寝床に持ち込まないと今日から決めよう。

最後に・・・

いい事があっても、悪いことがあっても、一日の最後は、めで鯛祝い酒にしよう。

ぐちを言いながら飲んでも、何の生産性もない。

めで鯛、めで鯛。

ちなみにうちの妻はお酒が飲めないので、オロナミンCで、乾杯しています(笑)

くよくよ寝床に入らず、よくよく寝床に入ろう。

睡眠前の30分の過ごし方を意識することで、明日は文字通り明るい日だ!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です