医者が飲まない薬、受けない手術

書店の陰謀論的なコーナーだけでなく、ついに普通のコンビニでも、ようやくこの手の本が並ぶようになったんですね。びっくり。

いつも、人生前向きなお客さんと共有しているような内容が、詰まってました。

シンプルで、とても分かりやすい。
値段の割に、内容も濃い❣️

大抵、この手の本は、お医者さんや薬を否定するだけ否定して、健康食品や売りたい商品の宣伝ばかりの本や雑誌が多いですよね。しかし、この本は、そんな胡散臭い感じはなく、共感持てました。

医者が飲まない薬、受けない手術

冒頭から熱いメッセージが伝わってくる。

出されるがままに薬を飲み、言われるがままに治療や手術を受ける。「よき患者」としての素直な態度が、ときに健康や寿命を損ねる。医療現場には、「ムダな薬」や見過ごせない副作用のある薬が広く処方され、高額なわりにメリットが少ない治療や検査が広く実施されている。これらの「ムダな治療」は、単に余計なだけならいいのだが、私たち患者に経済的負担を、ときには大きな肉体的負担を強いる。無用な薬を飲むことで副作用のリスクが上がったり、かえって病気の治りが遅くなったりすることもあれば、本来ならしなくてもいい検査や手術をすることで、最悪の場合には寿命が縮むことさえあるのだ。

出典:『医者が飲まない薬、受けない手術 完全版』

意外性はなく、「うんうん、きっとそうなんだろうな」と今までずっと思っていたことだけに、ストレートに文章が入ってきました。マユツバな感じがしないところが、ある意味、意外だったかもしれませんが。

 

気になるタイトルを抜粋

生活習慣病の薬

“基準値主義”で数値だけを下げても健康にならない!寿命は延びない!

高血圧の薬

高齢者では血流悪化が脳梗塞、認知症、白内障、緑内障の元凶になる。

血糖値の薬

命にかかわる低血糖の副作用。アクトスで膀胱がんの危険もある。

コレステロールの薬

患者を診ない「基準値主義」の治療で飲まなくてもいい薬が出される。

中性脂肪の薬

血液サラサラになりすぎて脳や内臓に出血の危険!

解熱鎮痛剤

胃炎、腎不全、薬物乱用頭痛の危険。継続的な服用はハイリスク!

その他にも気になるタイトル満載。この場では割愛致します。

 

一冊の本だけを鵜呑みにしない冷静さ

この一冊だけを鵜呑みにするのは、危険かもしれません。あらゆる角度から自分でも学ぶしかない。

自分で自分をカラダを管理せず、『お医者さんや薬だけが頼り』という人は、問題があると思います。綾乃小路きみまろさんのネタではありませんが、「酒と薬を交互に飲み」では、自分の人生を放棄したようなものです。

小生は、座学用と今日のお客さん用に、本日は二冊買い占めてみました笑笑

630円+税で、この読み応えは、すごかった。

ココロとカラダと経済のバランスを整えるスーパープロデューサーとして、今回の本はおススメ!!いろんな立場や今まで生きてきた価値観によって、賛否両論あるかと思いますが、一読の価値ありだと思います。

 

最後に・・・

改めて、(急性意外は)自分の免疫力をあげて、これからは、ますます内臓勝負ですね!!

この本を通して、「今すぐ、薬をやめよう」なんて乱暴な話ではありません。自分のカラダの中には、たくさんの名医(免疫力)がいるのを思い出してみてください。日ごろから食事に気をつけたり、生活習慣を見直し、自分で自分で治せる力を信じてください。そうやって日々の努力を重ね、少しずつお薬を手放せたらいいですよね。

健康に近道はなし。日ごろからのメンテナンスも大事。少しでも、日本の医療費削減に貢献できたら嬉しいです。

#医者が飲まない薬
#医者が受けない手術
#基準値主義
#数値だけを下げても健康にはならない
#寿命は延びない
#血圧下げ過ぎると脳や目にダメージ
#新薬イコールいい薬とは限らない
#薬による低血糖で死亡に至る例もある
#薬で血糖値を下げても合併症は予防できない
#血液サラサラの思わぬ副作用
#症状を押さえつけると治るのが遅れる
#成分が多いほどカラダへの負担は大きい
#風邪の原因となるウイルスには効果がない抗生物質
#いざ必要な時に薬が効かなくなる恐怖
#内臓調整

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です