できると思っても、できないと思っても、どっちも正しい!!

「長谷川君の言葉、ここで毎日見てるよ。いつもこの言葉を読んでから一日が始まるんだ」

ずっと飾って下さってありがとうございます。

応接室に小生の絵が二枚

「会社がピンチになったとき、本当に長谷川君の言葉に何度も救われたんだよ。10年以上前に、色紙を持って、僕のことを考えながら言葉を書いてくれたんだよね」

できると思ったとしても、できないと思ったとしても どっちも正しいのだ

社長に元氣を出して欲しいと思って書いた自分の言葉。

時を超えて、自分にも言われているような氣がした。

ずっと飾ってくださり、こちらこそ感謝の氣持ちでいっぱいです。

 

言葉の大切さや重みを感じました。

自分の人生にスポットライトを照らすのは・・・

人生の舞台のスポットライトは、自分で照らすしかない。

そう思うことは今でも変わらないけど・・・

先輩たちにも、照らされたことが分かりました。

言葉によって人は勇氣づけられたり、傷つけられたり・・・人生はキャンドルサービスのようなものだから

 

改めて、もっともっと言葉を丁寧に扱おうと思います。

奥様より「10年前と比べて、今日いらっしゃった時、何だかオーラを感じた。今日の話(今も将来も役に立つ話)を聞いて、ますます長谷川さん思いました」

「『そうだろ、前回(二週間前)来てくれた時、いろいろ乗り越えて、本当に今のやり方にいきついた人」って僕も確信したんだ」とフォローしてくださる社長の言葉、本当に勇氣づけられました。

お陰様で、また一皮むけそうです。

 

見送ってくれたのは・・・

商談を終えて、応接室を出るとき

社長のご子息のネジで作ったネジラが見送ってくれました。

先週お伺いした時、とてもネジラに癒されたので、今日は写真撮りたい。

ブログ用に写真撮っていいですか?

ケースに入っていたのですが、ケースがフラッシュを反射。

社長ご夫妻、力を合わせてわざわざケースを撮影用に外してくださる優しさに感謝。

ネジラを見ていたら、自分も何でもできるような氣がしてきました。

「今も将来も役に立つ話」を通して、人に喜ばれるためなら、何でもできる!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です