大学入試に向けて、娘の保護者説明会に行ってきました。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの魚画伯です。 

今日は、娘の高校の保護者説明会に参加してきました。

テーマは・・・

  1. 大学進学状況・・・本校の進学状況
  2. 入試の種類とスケジュール
  3. 保護者の皆様にお願いしたいこと

上記3点について1時間超ご説明を頂きました。

全国的な状況2018年問題

少子高齢化で、受験者数が減れば、誰でも大学に行けるんじゃないの?

そんな質問は、頻繁に進路指導の先生に寄せられるそうです。

私立大学の43.2%にあたる250校で定員割れという事実。

「本当にどこでもいい」「大学を本当に選びさえしなければ行ける」ということを強調されていらっしゃいました。

大学だって、利益を追求する営利団体です。

定員割れの状況が続けば、入学できたけど、卒業する頃には無くなるということもあり得るかもしれません。

本当に大学で学びたければ、そんなリスクを避けたい。

そうなってくると、「ある程度の大学を選んでいかなければならない」ということは、「今から気を引き締めて、勉強しなければならない」のだと強調されていらっしゃいました。

更に、私立大学定員の厳格化による合格ラインが下がる問題。

子供が少なくなったのだから、受験戦争という言葉があった頃と比べて楽?と考えるのは、安易であると痛感。

 

保護者へのお願いとは?

保護者へのお願いとは?

今から受験勉強を始めてください・・・という内容は予想していました。

しかし、予想外であったのは、「とにかく、お子様とお金の話をしてください」ということでした。

 

ある年、11月まで受験勉強していた生徒さん。

先生たちと受験に向けて、一致団結していた矢先。

11月になって、お金の都合で、急きょ就職を余儀なくされたそうです。

そこから慌てて、就職活動をし、本人だけではく、先生たちの頑張りもあり、なんとか就職内定までいけた話。

そこまで言えなかった親御さんの事情もお察し下しますが・・・

先生曰く、「11月まで受験勉強頑張っていたのに、そんなぎりぎりになって言われるお子様の身にもなってください」という言葉が身にしみました。

 

そいう家族を一人でも救いたい。

 

親子で話し合い、お金の面だけでなく、いろんなことを乗り越えていくのが受験なのだと痛感致しました。

それ以外にも、「何もやりたいことがないから専門学校へ行きたい」というのは、本末転倒!!

やりたいことがあるから、そのために行くのが専門学校です。

そのことをよく、お子様と話し合ってください・・・ということだそうですよ。

「私は、受験勉強がムリだから、AO入試か推薦でいきます」と安易に考えてもダメ!!

改めて、今の受験事情、よく分かりました。

 

最後に・・・

熱く語って下さる進路指導の先生、ありがとうございます。

改めて、娘とよく話し合っていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です