新作魚描けました。(前編)

今日は、午後から支社代表会議というのがございまして、品川にて会合がありました。(私は、副代表という立場です)

その会合が5時で終わり、5時半から、懇親会。

懇親会では、尊敬する大先輩(10年以上の大ペテラン)ばかり。

(国内の大手の保険会社のお姉さま方からは、「10年なんてまだ短いわよ、わたしなんか、30年よ」とか言われそうですが・・・・・)

その先輩の隣に座ることがございまして、・・・・本当は、隣の人を押しのけて、無理やり座らさせて頂いたのですが・・・・・・

先輩との貴重な思い出

小生との懐かしい思い出を語って下さいました。

私の事を覚えてくださるだけでも感激なのですが、本当に気にかけて下さったのが、何よりの喜びです。

その先輩との出会いがなければ、私も転職して、(外資系の保険会社の営業マンは、ほとんど転職組)9年も続けられなかったかもしれません。

その思い出とは、私は、前職ハンドバッグの卸、百貨店へのルートセールスをしておりまして、9年前に業界を変えてみないかと誘われ転職をしました。転職が決まった時に、新規一転で、かっこいいビジネス鞄が欲しくて、偶然アメ横ガード下で見つけ、店主に、「今度、外資系の保険会社に転職することになったんですけど、いかにも、トップセールスマンに相応しい鞄が欲しい」といったら、「これなんか仕事できそうに見えるよ」と言ってくれたので、そこで鞄を買う事にしました。

帰り際、(今よく言えたなぁと思うけど・・・・)「来月、研修が終わって、販売の資格がとれたら、いの一番に営業に来てもいいですか?」と言ったら、それくらいの志がなければねと言って許可してくれたので、翌月、早速営業に行ったはいいんだけど、一生懸命には話しましたけど、覚えたてのマニュアル通りの説明では、人をたくさん見てきた人生の先輩である店主の心は動くはずもなかった。

あきらめ、当時の上司の指示どおりに、「学生時代の友達にアプローチをするように」と友達をつてに、友達の役に立ちたいという気持ちは、
その頃と変わらないのですが、伝え方に限界があり、「友達なくすぞ」と批判を受ける日々を送っていた数ヶ月後・・・・・・・
《続く・・・・》

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

1 個のコメント

  • あっ、これ鯛ですか?
    違いましたかぁ↓
    改めますが…
    心の動かない理由→人生の先輩は長く生きている分、見聞きの質や量が違います。
    教えを被ってよかったですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です