「ありがとう」の実践はいくらでもある

「ありがとう」の実践はいくらでもある

ありがとうって伝えたくて・・・

自分は恵まれていない・・・とか、自分はツイてない・・・というのは、身勝手な証拠。

足りない部分を探すよりも、足りている部分を探す習慣を身につけよう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です