痛みがあるのは生きている証拠

痛みがあるのは生きている証拠

死ぬこと以外は、かすり傷・・・

とまではまだ思えない(笑)

痛いものは、痛い。

生きている証拠でもあり、痛みは治ろうとする証拠でもある

施術中、時々痛みが伴うことがある。

長時間の正座から立ち上がる瞬間が一番つらい。

つらいからと言って、そのまま正座し続ける訳にはいかない。

血液が戻り、治ろうとするとき、痛みが生じるのだ。

止めた方がいい痛みもあれば、止めない方がいい痛みもある。

単に痛みを止めることばかりすれば、カラダに毒素が留まるだけかもしれない。

痛ければいいってものでもないけれど、必要な痛みがあることも忘れないようにしたい。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。