親先祖は自分の中に生きている

親先祖は自分の中に生きている

みんな自分の中に生きている。

誰もが孤独

誰もが孤独であるけれど、誰もがたった一人じゃない。

すべては自分自身。どこまでいっても自分自身。

だからこそ、誰もが孤独ではあるけれど、孤立はしていないのだ。

どこまでも自分

すべてはつながっているからこそ、そこに自分と他人の区別はない。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。