道具や機械はわが手足

道具や機械はわが手足

この言葉をカレンダーで初めてみたとき、ドキッとしました。

そして、数分、ぼーっとした後、本当にそうだなと思い、目の前の整体のベッドなどに、「いつもお客さんのカラダを癒してくれてありがとうね」と話しかけている自分に氣がつきました。

身につける服や、扱う道具は、自分自身なのだ。

意識しているようで、つい雑に扱ってしまった自分。毎月4日に繰り返しこの言葉を見る度、身が引き締まる思いです。

道具や機械はわが手足を意識してから

今年に、このカレンダーを頂いてから、車に乗る前も、車に向かって、「今日もありがとう」と以前よりも意識するようになりました。

今年から、意識だけでなく、口に出しながら「ありがとう」と言っている習慣のおかげか、車の燃費もよくなったような氣が致します。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です