ああ、美しいなぁ

ああ、美しいなぁ

妻、昌子ちゃんを見ながら、「今日のカレンダー『ああ、美しいなぁ』だって、昌子ちゃんを見ているといつもそう思うよ」って言ったら、「よく言うよ~」とつっかえされました。

何を見ているかは、自分のココロの状態

目に映る景色は、自分の責任でもある。

自分がどんな世界を見ているかは、自分に責任があるんだと教えられたことを思い出した。

世の中が暗く感じたら、それは自分のココロの状態を表現しているに過ぎない。

明るいと感じれば、それは本当の自分に目覚め始めている状況なんだと。

他の誰かのせいにすれば、コントロールされる側

誰かのせいにしたり、言い訳をして、目の前の景色の美しさに氣づかなければ、自分の人生の舞台で、主人公という役割を降り、わき役に徹することでもある。

わき役を演じるという人生も、本当は、主人公としての生き方であることも忘れてはならない。

あなたの人生という舞台で、主人公は、あなた!!

この広い宇宙の中で、宇宙の中心は、あなた!!

本当の自分に目覚めた人は・・・

他の誰かになろうとしないでください。

あなたはあなたの花しか咲かせられない。

他の花を咲かせようとしないで、自分の花を咲かせてください。

その姿を鏡を通してみる時、「あぁ、美しいな~」と思う。

目の前のすべては、自分を映し出す鏡なのだから。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。