10月31日(土)・・・四季の行事の意味

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

四季の行事の意味

海外の行事が日本でも行われています。ハロウィンもその一つです。

アメリカなどの子供たちが仮装をして、「お菓子をくれないとイタズラするぞ」と言いながら、近所の家々を回るお菓子をもらうイメージがあるでしょう。

ハロウィンは、古代ケルト人の祭りに由来します。古代ケルトでは十一月一日が新年で、その前日である本日の夜は祖先の霊が現世に帰ってくる日だと言われています。同時に、有害な霊もやってくるとされています。

そこで、我が身を守るために、怖い仮面をつけ仮装したのです。ハロウィンの怖い顔をしたカボチャのくりぬき提灯は、それを追い払うためのもので、元はカブを使っていたそうです。

いろいろな儀式や歳時にはルーツや意味があり、時代と共に変容してきたものもあります。それを理解しておくと、行事と向き合う際の心持ちも変わるでしょう。

四季折々の起源に触れる機会を作り、それらの行事の意味を踏まえてはいかがでしょうか。

今日の心がけ◆行事の起源に目を向けてみましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

ハロウィンもクリスマスも・・・

ここでは書けませんが、ルーツや意味を知ったら・・・

神隠しに遭った子供たちが救われますように。

今日で10月も終わりですね。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です