ボラの絵を描きながら浮かんできたこととは?

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

本日は、ボラ(鯔)を描きました。

ボラと言えば、昨年、立会川とかで、大量発生してたけど、今年はないのかなぁ。

高級珍味カラスミの親でも有名。

ご存知ボラは、出世魚なのだ。

ここで、マメ知識!

ハクオボコイナッコスバシリイナボラ

と、名前を変える。

老成魚は、トド

先のない【とどのつまり】の語源は、ボラから来ているようです。

店で、「ボラれる」とは、関係がないらしい。

 

ボラを描きながら浮かんだメッセージを描きました。

他人と過去は変えられない。(妻も変えられない)

変えられるのは、自分と未来だけ。

他人を変えようとすると、疲れます。

すべてを受け入れる大きさを手にいれるために、生まれてきたような気がするのは、私だけでしょうか?

人の一生は「あっ」という間だから、変えられないものに、いつまでも「あ~だ、こーだ」と言っているヒマはない。

だったら、変えられるものに集中する。

なんて、考えていたら、上記の作品になりました。

 

最後に・・・

「・・・・・・って、今回、コメントがぜんぜんボラと関係ないじゃん」
って思った方、お許し下さい。

自分の人生に自分で、ボラれないことが大事
・・・・・う~ん、こじつけでした・・・・

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

8 件のコメント

  • 最近、いろいろと文章を入れてくださるので、より楽しいです。
    おっしゃるとおり、人生はあっという間だから。
    他人をどうにか変えようと必死になっていた時期があり、それでやはり自分が疲れました。
    自分が変えられるものにターゲットを絞るのが賢明だと最近になって感じるようになりました。
    感じるのが遅かったけど、気づかないより気づいた方がよかったと思っています。

  • ~ 変えられるのは、自分と未来だけ。 ~

    いい言葉です!ほんとうにそうですね。
    うじうじ文句を言ってる暇があったら
    自分を改革することに時間を費やそうって
    思いました。
    絵はもちろん素晴らしいのですが
    一緒に書かれた文句、字体が
    とても気に入ってマス。

  • おはようございます。出世魚のボラを楽しませていただきました。毎度、素晴らしい作品に感嘆。
    確かに大発生しましたよね、数年前に。

    昔、水戸にいた頃、涸沼にはぜを釣りに行きましたらボラが沢山いましたね。
    涸沼は、海水も混じってますからね。

  • 妻を変えたいと思っているけど、諦めているんだろうな、洗面台の水滴とか風呂場のカビとか・・・
    文句言わないで、自分で掃除してます。
    私も文句はあるけど。もっと褒めてほしいな(写真が上手、くらいしか褒めてくれない。見た目を褒めて欲しいんだけど)。でも夫には言えません。
    「花には水を、妻には愛を」。
    全然関係ないコメントで失礼しました<m(__)m>

  • 妻を変えたいと思っているけど、諦めているんだろうな、洗面台の水滴とか風呂場のカビとか・・・
    文句言わないで、自分で掃除してます。
    私も文句はあるけど。もっと褒めてほしいな(写真が上手、くらいしか褒めてくれない。見た目を褒めて欲しいんだけど)。でも夫には言えません。
    「花には水を、妻には愛を」。
    全然関係ないコメントで失礼しました<m(__)m>

  • yumicornさん
    結局、どんなに頑張っても、受け取る人の
    価値観に任せる部分も多いですからね。
    例えは、不適切かもしれませんが、
    うつの方に「頑張れ」って言うのは
    タブーであるからして、
    その人のためって頑張っても、
    受け取る人がそうでなければ、
    どうやっても、イヤにしかとられませんからね。

    逆に、そんなつもりでもなく、何気なく
    したことが、妙に感動してもらったり

    世の中、不思議ですね。

    その分、自分の感性は、常に感謝の気持ちを
    豊かにしていきたいと思いますが・・・・

  • まやちーさん
    気に入ってくださってありがとうございます。

    付け加えるのを忘れましたが、
    今も変えられるんですよね。

    人によっては、今というこの瞬間から
    未来って表現する方もいらっしゃいますが・・・
    (言葉そのものの解釈は違っても意味はいっしょかな・・・)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です