不満をイワナ(岩魚)いとやってられない状況でも・・・

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

コロナショックの状況はいつまで続くのでしょうか?

そんな不満を言いたくなる状況で、「少しでも家で明るい氣持ちになれたら・・・」とイワナ(岩魚)の絵を描きました。

不満をイワナいとやっていられない状況でも・・・

不満を言わないとうやっていられない状況でも、きっと夜明けはやって来る!!

そう言いたい。

明けない夜は、ないのだ。

必ず夜明けはやって来る。

安否確認もかねて、連絡を取り続けるしか今はできな状況の中で・・・

「いつまで、続くんだろうね」そんなご意見を頂く中、いつまで続くか分からないけど、お互いに頑張ろう。

そう励ましあうことが多い中・・・

一人のお客様からのメッセージに、ビビっときました。

必ず収束するので・・・

お客様から頂いたメッセージ

長谷川さん

いつもありがとうございます☺ コロナの影響で、厳しい状況が続いていますが、個人レベルで出来ることをしつつ、大切な人を守る意識を強く持って生活しています。

貴重なお話ありがとうございます。私のまわりにいる大切な人たちに共有します。

必ず収束するので、それまで踏ん張りましょうね!

このお客様からの最後の一行がとても頼もしく、勇氣づけられました。

開けない夜はないと確信しよう。

いつ収束するのだろうか?

そんな不安や不満を言いたくなる氣持ちは、よく分かります。

小生も例外ではありません。

必ず収束するんだ!

収束する根拠は何もないかもしれない。

でも、根拠よりも、確信を持つことが大事であるのだと氣づかせてくださいました。

 

最後に・・・

今回のコロナのショックは、リーマンスショックの時よりも、出口が見えないない。

それでも、明けない夜はない。出口のないトンネルはない。

そう確信しながら、今、自分で出来ることは、しっかり対応しながら、夜明けが来ることを信じたいと思います。

きっと夜明けはやって来る!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です