カルマの解消に後悔・罪悪感はいらない。一緒にほどき愛ましょう。

<瞑想の原文>

影を恨んだり、呪ったりしないで、影の正体を見届けよう。あなた以外の存在が、あなたを脅かすものはない。影や闇はあなたの自我の投影。ホラー映画を自分で観に行って、「なんで怖がらせるんだ」と怒る人はいないでしょう。途中で見たくなくなったら、映画館を出ればいいのです。自我の分離という幻想が作り出す社会で、暗闇を見たくなければ、退出すればいいのです。退出するとは、現実から逃避したり、自ら命を絶つということではありません。犠牲者は誰もいない。

 

後悔・罪悪感を手放し、人生という舞台を降りて、観客席から眺めてみよう。観客席には過去が作り出す後悔や罪悪感、そして未来が作り出す不安や恐れはありません。人生の折り返し地点でもある観客席には、時間も空間もない。カルマの解消をしながら、今というあなたの主人公を讃えて下さい。これから人生を切り開いていくドラマの続きが氣になりませんか?

 

自我は、人生の折り返し地点で、あなたに本当の姿を見せまいと誘惑してきます。後悔・罪悪感は真実ではありません。後悔・罪悪感があるから反省できるというのは、ウソ。反省は感謝しながらでもできる。後悔を通した反省は智慧に取り込まれず、後悔したくなる現象を繰り返す。罪悪感をかかえながら立ち上がっても、自我はますます暗闇の延長へと誘惑・抵抗してくる。人生の折り返し地点で、感謝できることをたくさん見つけて下さい。今のあなたがどんなにめぐまれているか?氣づくためには、感謝の後押しも必要なのです。感謝は勇氣。

 

<瞑想の解説文>

目の前が闇の世界に見えたら?

影を恨んだり、呪ったりしないで、影の正体を見届けよう。暗闇の正体は過去のあなた。あなた以外の存在が、あなたを脅かすものはない。あなたの許可なしに、不幸にも幸福にもなれない。幸せは、あなたの選択の連続によって委ねられている。影や闇は、自我のあなたが、過去に作り上げてきた投影。それはホラー映画のようなもの。ホラー映画を自分で観に行って、「なんで怖がらせるんだ」と怒る人はいないでしょう。ホラー映画が好きではないのに、友人に無理やり連れていかれる場合は除いて(笑)

闇の世界を見たくなければ?

途中で見たくなくなったら、映画館を出ればいいのです。自我の分離という幻想が作り出す社会で、暗闇を見たくなければ、退出すればいいのです。退出するとは、現実から逃避したり、自ら命を絶つということではありません。犠牲者は誰もいないことを思い出して下さい。真剣になってもいいけれど、深刻になってはいけない。深刻になってしまうまえに、和価値愛を通して申告して下さい。一緒に解決策を考えましょう。

後悔・罪悪感を手放し、人生という舞台を降りて、観客席から眺めてみよう。観客席には過去が作り出す後悔や罪悪感、そして未来が作り出す不安や恐れはありません。人生の折り返し地点でもある観客席には、時間も空間もない。カルマの解消をしながら、今というあなたの主人公を讃えて下さい。自我の自分をやめることはできても、無条件の愛そのものである本当の自分をやめることはできません。それはカルマではなく、素晴らしいことなのです。これから人生を切り開いていくドラマの続きが氣になりませんか?

真実ではないものは?

自我は、人生の折り返し地点で、あなたに本当の姿を見せまいと誘惑してきます。後悔・罪悪感は真実ではありません。

後悔・罪悪感があるから反省できるというのは、ウソ。反省は感謝しながらでもできる。

 

後悔を通した反省は智慧に取り込まれず、後悔したくなる現象を繰り返す。罪悪感をかかえながら立ち上がっても、自我はますます暗闇の延長へと誘惑・抵抗してくる。ラットレースのように繰り返してしまうのは、カルマの輪であり、カルマは後悔・罪悪感という幻想でできている。人生の折り返し地点で、感謝できることをたくさん見つけて下さい。カルマの輪が、和価値愛の輪となりますように。今のあなたがどんなにめぐまれているか?発見して下さい。発見とはもともと存在するものである。心底つらい時は、感謝しようという言葉は届きにくいかもしれません。しかし、氣づくためには、感謝の後押しも必要なのです。感謝は勇氣であり、あなたの存在は感謝そのものなのです。感謝と共に歩こう。

凹んだ時こそ、自分の表情や歩き方のチェックしてみるのも大切。

最後に・・・

過去・・18『影』と『恩寵』
現在・・12『犠牲』と『カルマの解消』
未来・・15『誘惑』と『勇氣』

過去

暗闇を投影し続けることになれてしまい、自分自身が光の存在であると忘れてしまっていたら、恩寵という光に状況を委ねましょう。自我のあなたの力だけでなんとかしようとすると焦りだけがつのってしまいます。感謝をしながら、あるがまま、ありのままに状況を眺めることに意識を集中しましょう。あなたの集中は、後悔・罪悪感を浄化してくれる。影のカードが出た時は、ジタバタ動くと状況は悪化してしまいがちです。ラットレースで、一生懸命走るよりも、輪っかから一度降りてみて下さい。

現在

犠牲者は誰もいません。あなたが自分で犠牲者になろうとしない限りは。しかし、後悔・罪悪感を通して、自我はあなたが犠牲者であることに快感を覚えさせてしまいます。犠牲は、卑屈な態度をとったり、横柄なふるまいをしてしまったりと、本来のあなたらしく輝く姿とは異なります。犠牲という夢の中でカルマの紐(ひも)をほどこうとしても、ますます硬結びとなってしまうでしょう。感謝がひろがるまで、世間の騒音から一歩離れてみましょう。和価値愛を通して、慈しみの目で状況を見れるまで、ちょっと休みましょう。

未来

もし、自身をなくして、くじけそうになっていたら、くじけていない自分を思い出して下さい。あくまでも、くじけそうになっても、くじけてはいないのです。くじけそうと相談して下さい。くじけそうと相談することは、弱さではありません。それは勇氣。あなたが解消することは、ワタシの解消でもある。一緒にほどき愛ましょう。解き愛が、私たちの宝物の発見でもあるのです。

 

今日は、『影』『犠牲』『誘惑』という配列で、すごいな~と思っていたら、【恩寵】【カルマの解消】【勇氣】という光がちゃんと応援してくれていたんですねと感謝の氣持ちでいっぱいになりました。もし、一人で悩んでいたりしないで、一緒に和価値愛しましょう。カラダが疲れていたら、カラダを弛めましょう。ココロが疲れていたら、ココロを解きましょう。

そして、遠回りのようですが、カラダが疲れていたら、ココロを弛めてみましょう。ココロが疲れていたら、カラダを休めましょう。そんな人生前向きなあなたのお手伝いをしていきたいとますます強く思う今日この頃です。

魚画伯
あなたが立ち上がる力を応援したい。そのための能力・才能を伸ばしていくことが、自分の使命・志であり、役割でもあると思っております。今日も人生前向きなあなたにとって、ますます素敵な日でありますように。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA