ハイボールの飲み方変えてみました。

今日は、ハイボールの飲み方変えてみました。

先日、志村けんさんが、ソーダ・ウィスキー・ソーダという入れ方をして、

かき混ぜないという飲み方をしているのをマネして飲んでみました。

かき混ぜないから分かること

かき混ぜないということで、飲んでいるうちに、ウィスキーの濃度が変わり、それぞれの味わいがいい。

店員さんに、「だからかき混ぜないでって言ってるでしょ」というシーンが、微笑ましい。

かき混ぜると味が単一になって面白くないという感覚を小生も大切にしたいという想いでマネしてみると・・・クセになりそうです。

変化を楽しむ繊細さ

ハイボールコップ一杯の中にも微妙な変化を楽しむ。

そんな感覚を自分も楽しみながら、じっくり味わっていきたいと思います。

先日お客様から頂いたおつまみ代わりのぬれ煎餅が、いい感じでしょっぱく、ハイボールがぐいぐいいってしまうのは、危険です(笑)

3杯目からは、微妙なウィスキーの変化を氣づけない。

まだまだ志村さんのような繊細さを身につけるに時間がかかりそうです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です