最後だとわかっていたなら・・・を振り返りながら改めて感じること。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

昨日は、訪問して下さった方と「最後だとわかっていたなら」について、共有させて頂きました。

10年前に当時の直販時代の伊藤先輩から教わった詩

最後だとわかっていたなら

EPSON MFP image

最後だとわかっていたなら・・・を知ってから人生観が大きく異なりました。

仕事と青年会議所で飛び回っていることに、自分の存在価値を見出していた30代。

そんな間に、子供たちは、どんどん成長する。

 

この詩に出逢う前は、本当に大切なことを忘れていたような気がしました。

家族のために仕事をしていたはずが、仕事のために家族がいるような錯覚をしていたのかもしれない。

 

今日の出逢いの人との会話から、10年前の自分の投稿を振り返ってみた。

10年前の2月2日の投稿・・・最後だとわかっていたなら・・・

もしかしたら、「思い出してしたはずの大切なこと」をまた忘れ始めていたのかもしれない。

10年前の自分のブログを読み終える。

読み終えたら、改めて詩を載せた写真の前に立ち止まってしまった。

改めて、今日から今できることを精一杯!!

みんな大きくなったな・・・

 

それにしても、自分と父親の髪の毛は、この写真の頃と比べて、ずいぶんと減ったものだ(苦笑)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA