9月30日(木)・・・食卓での挨拶

魚画伯
「心機一転」今日から意識改革!!

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェアできたら嬉しいです。 

食卓での挨拶

暑さのピークも過ぎ、秋の気配を感じる季節となりました。農作物の収穫期であり、夏バテで低下した食欲が回復する秋は「食欲の秋」といわれます。

食事に欠かせないのがその前後の挨拶です。国や文化によって異なりますが、日本では食前に「ういただきます」、食後には「ごちそうさま」と挨拶をします。

この挨拶は単なる決まり文句ではありません。「いただく」という言葉は「もらう」や「食べる」の謙譲語で、神仏にお供えした物や、身分の高い人から物を受け取る時に頭の上である「いただき」に掲げる動作に由来されるとされます。

肉も魚も命そのもので、私たちはほかの生き物の命をいただいて生きているのです。食材そのもの、その食材を育てた人、料理を作った人など多くの働きに思いを馳せ、感謝の心と敬意を表わすことが挨拶です。

「いただきます」「ごちそうさま」という挨拶には、これまで育まれてきた日本の文化や日本人の考え方が反映されています。習慣だけでなくその背景にある精神も大切にしながら、秋の実りをいただきたいものです。

今日の心がけ◆食事の挨拶の由来を知りましょう

引用:職場の教養(倫理法人会)

最後に・・・

命、そして食材を運んで下さった人、すべての働きに感謝して、いただきます。

「いただきます」「ごちそうさま」という挨拶

そして、口に入れて、胃に入るまで、もっともっと大切なことを噛みしめながら、頂きたいです。

今日も人生前向きな皆様にとって、ますます素敵な日でありますように。

今日も職場の教養から大切なことを学びました。人生のキャンドルサービスとして、シェア致します。#職場の教養 #流山倫理法人会 #おいでよ流山 #おいでよ柏


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です