裁く事は、心の砂漠に埋もれる事への選択

おはようございます\(^o^)/
精神的にも肉体的にもバランスを整える
スーパー・プロデューサーの魚画伯です。
ほうぼうIMG.jpg
分離という幻想を作りだす牢屋のカギは、
暗闇を照らす光のようであり、最初のうちは、
ちらっと一瞬見えるだけかもしれません。
人生の階段の踊り場や人生の折り返し地点で、
心を静め、そのカギである光をよく見つめれば、
分離の牢屋は、幻想であり、過去の投影による
自分で作り上げた考え方・価値観で自分自身を
縛りつけているように見せかけているものであると
理解が深まるでしょう。
その光のカギで、目の前の大切な人を解放
しましょう。
あなたが、自分で牢屋を抜け出すまで、その人を
留めておかなければならいと思う必要はないと
思い出して下さい。
後悔・罪悪感を手放し、目の前の人の無罪を
思い出す事で、あなたは許しを通して、自分が
許されている事を讃え愛ましょう。
自分が許されるために、相手を裁く事は、
心の砂漠であり、共倒れ、両者共に本当の
自分から遠ざかり、幻想である暗闇・心の
牢屋に長く留まろうとする自我の誘惑。
相手を裁く事で自分が許される事は決してなく、
人生の折り返し地点で、愛の羅針盤を和価値愛、
本当の自分に戻る人生の復路の方向を定めよう。
そして、人生の折り返し地点を探さないで下さい。
幸せの青い鳥も、人生の折り返し地点も、ヤッターマンの
ドクロストーンも、今、ここに存在するのだから・・・
DCIM1818.JPG
今日も明日も人生前向きなあなた様にとって、
ますます素敵で明るい日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です