始まりの前のはじまり・・・

おはようございます\(^o^)/
精神的にも肉体的にもバランスを整える
スーパー・プロデューサーの魚画伯です。
1.はじまり.jpg
本当の自分から遠ざかる幻想の旅は、後悔・
罪悪感を通して始まる。
初心を忘れてはならないというけれど、
分離という幻想を始める自我の作り出す
初心は、後悔・罪悪感を通して、本当の
自分ではない。
幻想の始まりをいつまでも大切にとっておこう
とは思わないで下さい。
世間でいうところの初心とは、眠りにつく事
であり、目覚めではない。
自我は、初心を通して、最初に経験した恥ずかしさを
持ち続ける事で、謙虚でありつづけようと騒ぎ続けます。
それは自我の作り出す夢であり、条件付きの愛に
卑屈になったり、横柄になったりするもの。
幻想である条件を超えて、初心という眠りにつく前を
思い出し、あるがまま、ありのまま、しなやかであり
続ける事が、本当の謙虚である。
初心・後悔・罪悪感は、無条件の愛そのものである
本当の自分から遠ざかるフィルターであり、
太陽を見えにくくする心の雲のようなもの。
流れる雲を物悲しく見る必要なし。
後悔・罪悪感・不安・恐れは、自分とは他の存在が、
辱めを受ける事で自分が逃れる・・・という奇妙な発想
であり、それこそが、狂気。
過去の幻想である後悔・罪悪感を手放す事で、
目の前の人も手放せる。
謙虚であっても、卑屈になるな。
卑屈を通して、横柄になる必要もない。
あなたは、卑屈の存在ではなく、不屈の存在。
雲がどこに向かおうが、太陽はいつもあなたを
照らしている。
そして、あなた自身もすべてを照らす太陽そのもの。
自分の人生の舞台にスポットライトを照らすのは、
自分自身である。
今という偉大なるあなたのスポットライトは、
過去の幻想である後悔・罪悪感も通り抜ける。
未来という幻想である不安・恐れも通り抜ける。
いつでも、どこでも、通り抜け、いつまでも、
どこまでも浸透している愛・光・喜び・感謝という
スポットライトこそ、あなたの笑顔・素顔である。
本当の自分を覆い隠す自我の仮面を脱ぎ去り、
今日も、フェイスフラッシュ\(^o^)/
波乱万丈な人生の波に意識を向けるのでははく、
海の底へ意識を集中しながら、本当の自分に謙虚に
生きようと改めて感じる今日この頃です。
今日も大切な事を思い出させてくれてありがとう。
今日も明日も人生前向きなあなた様にとって、
ますます素敵で明るい日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です