天国は、どこにあるの?と尋ねたら・・・

2010-09-14 17:59:33
売り込まない保険屋こと魚画伯です。
今日も生かされている事に感謝しながら、
張り切って生きましょう~スマイル
9.SOUL CRAFT
Encounter 遭遇
魂の球体、マカバの中を覗き込むと、家族のゲストを
歓迎しています。彼らは一つですが沢山いて、そこには
美しい物語があります。
家は新しい婚礼と新たな子孫の事で賑わっています。
ダンスをする光がピンポイントで差し込んできました。
タケノコは一夜にして芽吹きました。優しい遭遇です。
あなたに私の家をお見せしましょうか?
これは今やあなたの家なのです。私の庭にある噴水で、
どうぞリフレッシュしてください。あなたには、家の
主とゲストが本当に見分けられますか?
あなたは、一人のダンサーです。無数の肉体にいる
あなた自身を歓迎しています。

今朝のカードから頂いたインスピレーションひらめき
台風の中心は、いつでも晴れていて穏やか。
周りの暴風雨に目を奪われず、中心に中心に
意識を向けなさいきらきら
あなたの心の投影である幻想に目を奪われず、
そこに隠された真実のみ、見つめましょうきらきら
現象は、あなたが本当の自分を思い出すための
学びとして、必然、最高のタイミングで、
引き寄せた結果手書きハート
どんな困難な状況として、リアルにそれを
感じたとしても、あなたの真の家、心の中の
家は、安全で、いつでも守られているという
真実と共に、あなたはそこに“おる”のですひらめき
あるがままきらきら、いるがままきらきら、うるがままきらきら
えるがままきらきら、ただそこに・・・おるがままきらきら
ひとつの学びが終了すれば、また・・・
もとの場所、あるがままきらきらきらきらにいきつくでしょう。
あなたの心の家、今とともにいる真実の家は、
分離という幻想の世界では、時折、天国と
表現されるようですが、天国は特定の場所、世界
を指し示すのではなく、いつでも心の中に存在し、
本当のあなた自身と共に居て、あなたそのもので
あるという事・・・・・四つ葉
そんなインスピレーションに包まれながら、
いかに、いつでも、どこでも守られている、
そして、守っているのは、一人である本当の
自分自身であると感謝の氣持ちでいっぱいに
なりましたスマイル
誰もが繋がっているがゆえに、
誰もが一人手書きハート
あなたの踊る波動のダンスは、
宇宙そのものであり、
愛・光・喜び・感謝・癒しそのもの音符
大いなる一人を楽しみ、遊び、自ら本当の自分を
満たす時、孤独の素晴らしさを思い出すのだと
思う今日この頃ですひらめき
孤独は、今という瞬間であり、愛そのもの、
そんな感謝の氣持ちで満たされていたら、
分離という幻想の中で、孤立という概念は、
まさにどこにも本来存在しないもので台風
学びが必要な時にだけ、自分で引き寄せている
一過性の現象を自分で受け入れているだけ
なのだと思う今日この頃ですウィンク
自分を満たせるのは、自分自身しかいない。
あなたは、最高、今日も最高、
この今という瞬間に繋がり、
本当の自分自身を思い出せば、
最高とは、何か?
孤独の仮面を被った孤立というエゴのワナにも
うっかりはまらずに済みそうですスマイル
今日も、大いなる自分自身の作りだす家、
天国で心を満たし、癒され、その癒しを
出逢った現象、ご縁に感謝しながら、
直接的・間接的問わず、光の家を分かち合い(愛)
たい今日この頃です手書きハート
人生はキャンドルサービスのようなものきらきらきらきらきらきら
あなた様があなた様らしく、光輝き、その光をきらきら
共感・共有というエネルギーを加え、
天使のような目で世の中を見つめ、
あなたの光が、あなたのまわりにも、
広がりますように四つ葉
人生前向きなあなた様にとって、今日も、
最高の日でありますように四つ葉

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • 私にとっての真の家、それはもちろん我が家と家族とそのまま返される言葉と思うのですが、それをつい忘れてわがままが出て来ます。
    いくら家族といえ、限度以上の甘えはするべからずと思っているところです。

  • リエさん0037さん
    いつも、共感・共有・分かち合い(愛)を
    ありがとうございます。

    いったいどこからどこまでが、
    甘えで、どこからどこまでが、
    優しさなのか?

    分離という幻想の世界で、
    謎は深まるばかりですが・・・・(汗)

    すべてが家族の一員であり、
    どこまでが、心の中の投影につき、
    my homeとそうでない場所の
    区別がだんだんなくなっている
    ような氣がする今日この頃です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です