大地に降りてきた意味のようなもの・・・

魚の絵しか描けない保険屋こと魚画伯です。
今日も生かされている事に、感謝しながら、 精一杯生きていきましょう。
今日もありがとうございます。

 すべては繋がっているという真実を忘れ、 自分を他の人とが分離しているように 見える幻の世界を見せるこの大地では、 本当の自分自身は、何者であるか? という事が見えにくくなっています。

一度忘れ、再び思い出した時に、 その尊さを経験するために それは、まるで、喉がカラカラになった時、 水のありがたさが、分かるように・・・ この分離されたマトリックスを経験する ために、この肉体という人間の身体に 入り込んでいる最中は、本当の自分、 真実が分かりにくくなっている という事が光とともに降りてきました。

本当の自分自身が、どんな存在なのか?

自分自身が分かりにくい世界で、 自分自身を思い出すサポートとして、 目の前に心の投影として、現象化する というツールを使って、思い出させて くれています。

目に映る世界は、光も闇も・・・ 心の投影・・・・

問題のように見える現象は、 自分を知るためのあなた自身が 作り出した夢の世界・・・・ 幻想であるという事を思い出しなさい。
と語りかけてくれた事に、今日も 感謝の氣持ちでいっぱいです。
ひとつの扉が開いているように見えても、 本当の自分自身に繋がれば、いつでも、 どこでも、別の扉が開いているものです。
その事に、氣づいて、本当の自分自身が 進みたい別の扉が開いているのを 見落とさないで下さいと語りかけてくれました。
別の扉に行く事を「逃げる」などと 思い込まないで下さい。

開く必要のない扉をこじ開けて、正義感、 価値感、信念に従って、逃げずに進まなければ ならないと思うのは、過去からくる立場、 一過性の自尊心からであると氣づきましょう。

その今、見せるべき幻想をこの母なる大地は、 忠実に、必要、必然のタイミングで、 見せてくれているのだと思う今日この頃です。
今、その幻想が本当の自分自身が 望んだように思えなくても、その現実を 恨んだり、嘆いたり、悲しんだりしないで 下さいと教えてくれました。
そのような感情は、望まない現象を 望むものとして、長く停滞させてくれます。
もちろん、長引く事も、魂の成長には、 必要・必然であるのですが、本当の自分自身 と離れている矮小な自分には、それが、
よく分かりません。
心を落ち着かせ、精神的にも、肉体的にも 霊的にも成長するためのバランス、調和が、 今、大切であると教えてくれました。

どんなマトリックスに、幻想の世界に 入り込んでいたとしても、限界のない 真実、すべては繋がっている愛、 一度も離れた事のない本当の自分、 大いなる存在と繋がっています。

もう一度、自分のまわりで起きている事は、 自分自身が感じている葛藤や内面の変化を 現れているに過ぎないと思い出し、 その調和というバランスのとれた愛を 経験させてくれる人生の舞台、この地球という フィールドに感謝しながら、今日もよりよく 生きていきたい今日この頃です。

感謝の氣持ちと共に、大地に眠る大きな岩 をだっこしたい今日この頃ですが、 その代わりに、妻や子供たちをだっこ しようかなぁ~。

 すべては繋がっている

今日も与えられたご縁に感謝しながら、 今という真実の瞬間を大切にしていきたい 今日この頃です。

人生前向きな皆様にとって、お休みの方も、 お仕事の方も、病気療養中の方も、ますます 素敵な日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • 我が家のお婆ちゃん、自分をどんどん忘れて来て、取り戻せない状態になって来ています。(笑)

    自分を一旦横に置き、客観的に冷静になって見つめる事って必要だと思いますね。
    いつも反省することばかりですけど。

  • リエさん0037さん
    もしかしたら、リエさんが“自分”と言っている
    自分という存在が、エゴの作り出す矮小な
    一人の肉体に留まる人間という囚われた自分で、
    お婆ちゃんの方が、矮小な自分という壁がとれ、
    偉大なる本当の自分自身に繋がってきて
    いるのかもしれないよ~♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です