ありがとう×10回

魚の絵しか描けない保険屋こと魚画伯です。
先日、日曜日、
子供たちをお風呂に入っていた時の事・・・・晴れ
3人の子供たちが入る浴槽の中では、
寿司詰め状態うっしっし
お風呂のおもちゃの取り合いで、
貸して・・・・・貸さない・・・・・
でいつもの兄弟喧嘩がはじまったウィンク
ここまでは、いつもの光景なのですが・・・・うっしっし
貸してもらった真ん中の娘が、
「ありがとう」の言葉が出てこないほえー
いろいろな教育方針があるので、
あくまで小生の考え方なのですが、
大けがなどのリスクがある事以外は、
野放しなのですが、こと3つの事に関しては、
厳しく躾ているつもりな今日この頃です怒ってる
その3つとは・・・・・ひらめき
いつでもどこでも、笑顔で、
「はい」「ありがとう」「ごめんなさい」の
3つを言える事

これだけに関して、小生はちょっとうるさい四つ葉
そんな中、さんざんお風呂のおもちゃを
とりっこした後、小生のこだわっている
「ありがとう」が口から口から出てこない。
「ありがとうって言った?」
そんなに黙っているのなら・・・・ぷー
「じゃあ、ありがとう10回言ってごらん」
だまったまま下に、うつむいている。
残り二人は、「ありがとう・・・スマイルありがとう・・・スマイル
と唱えはじめた。
「ありがとう」ってちゃんと10回言えるまで、
お風呂出ちゃダメだからね・・・・・怒ってる
言わない娘に対して、親として脅しに入ってしまった
自分に、反省ほえー
氣を取り直して・・・・・・
どうして、いつも素直に「ありがとう」って
言えないの?
あれだけ、他人との比較をせずに、
無条件の愛を子供たちと共に、成長していこう
と心がけているのに、子供を比較している
自分にますます反省ほえー
首を横に振りながら、わんわん泣く娘しょんぼり
この泣き方は、ちょっといつもと違う。
これだけ、ありがとうって言わない、
もしくは言えないのには、何か理由が
あるのか?いろいろ心の中で、検索してみたひらめき
「ねえ、ユイ。
もしかして、自分で自分の事嫌い?」
とそっと聞いてみた。
するとわんわん泣いていた娘が、
首をタテにふる。
どうして?
自分を自分で好きにいられないと、
他の人も好きになれないんだよ。

いろいろ聞いてみると、本当は、すぐに
ありがとうって言いたいらしい四つ葉
でも素直に言える理想の自分と、
言えない現状のギャップに苦しんでいる
娘の姿がそこにありましたほえー
いつの間にか、「真ん中の子供は、特殊な子が多い」
という社会の色眼鏡で、見ていたのかもしれない
と子供に教えられた氣持ちである。
この場で、ありがとうをお風呂の中で、
10回言えてから出るという事は、
時間をかけても、じっくり達成できる事は、
娘にとっても、比較の目で見ていた自分にとっても
大切な経験だと判断。
娘の体を洗い終え、浴槽に入って、
だきしめながら、じっくり、
パパのありがとうの後なら、ありがとうって
言えるかな?
それならと・・・・・
首をタテに「うん」と頷く。
ありがとう・・・・・・赤ハート
ありがとう・・・・・・赤ハート
交互に、ありがとうという言葉を繰り返す。
繰り返す度に、娘の顔が晴れてくるのが、
わかるスマイル
10回終えるといつもの笑顔、いや
それ以上の笑顔に見えてきた。
わが子ながら、その笑顔はまぶしかったうっしっし
その後、「じゃあ、次は、パパと一緒に、
『私は、自分が大好き』って10回言ってみようか?」
「自分で、ユイちゃんの事が嫌いになる時が
あっても、パパは、どんな時でもユイちゃんの
事が大好きだからね・・・・・」
お風呂を上がった後、
いつも「返事!」ってパパとママに
怒られている娘が、元氣よく返事していたスマイル
改めて、「ありがとう晴れ」という言葉の魔法の力に、
いろいろな事に氣づかされた今日この頃でした。
何度も、「はい」「ありがとう」「ごめんなさい」
は、ちゃんと言おうね、と日ごろ言い続けて
いるにもかかわらず、言わない娘は、もしかしたら、
とっても大切な事を体をはって、パパとママに、
教えにきてくれた天使なのかも知れないとさえ、
親バカながら、思う今日この頃です。
妻に、お風呂で、何があったの?
と聞かれ、説明すると・・・・
出た、ハセキョー(長谷川教の略)と
からかわれましたうお座
今日は、長い文章で熱く語ってしまいました。
長い文章でお疲れの方は、今日のヘイゾウで
ご癒し下さいませ。
IMG_0321.JPG
↑喧嘩の相手うっしっし

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

9 件のコメント

  • いろいろと大変です。

    私は,いつも思っているのです。

    車に ロー・セカンド・トップ とあるように

     1. 心の中で,思うだけ
     2. 言葉に出して言うだけ
     3. 行動する

     の三段階で人は動く,
     思うだけ・・・
     心が変わった時に奇跡が起こった。

     その場で,言えなくてもいい と思う。

  • ナイトサファリさん
    いつもありがとうございます。
    小生も子どもが生まれる前は、
    いえませんでした。

    言えないと書けるナイト先輩は、
    きっと素直な方なのでしょう~。

    お陰様で子供と共に
    成長させていただいております。

  • 魚年画伯さん

    >そのように、娘に伝えようと思います。
    >きっと喜ぶと思います。
    —–

     すべて こちらは伝えるだけです。

     相手がするかどうかは,相手の問題です。
     伝えたいのは,自分が自分にです。

     話しかけれる,相手が居るだけでもありがたいことです。

  • なみがしらmさん
    いつもありがとうございます。

    自分が何者であるか?
    真実・使命を知っている人には、
    なみがしらさんの表現は、
    とっても伝わってきますね。

  • はじめまして。
    我が家の方針・・・
    「へんじ」「あいさつ」

    小さい頃からどこでもこれだけはお褒め頂ける我が子ら。

  • mm.mymyさん
    ご丁寧にありがとうございます。

    まさに、子宝。
    最高のお子さんに育ってますね。

    ますます家族力をあわせて、
    幸せなご家族でありますように。

  • 休憩中に読んでたら泣きそうになりましたしばらく長谷川家に遊びに行っていない間に成長してますネ真ん中のゆいを忘れがちですが、ゆいなりに悩んでたんですネゆいは何かスゴイ才能持っていそうですよネ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です