絵を描くということ。

魚画伯です。

先日金曜日は、地元柏で商談を終え、
駅に向かう途中での事。
カルチェ5(地元ネタですいません)の前
で人だかりができていました目
何をやっているのかな~と
覘いて見ると大きな画面から
DVDが流れていたのであります。
そのDVDとは、30分で油絵を
一枚描き終わるという絵の描き方を
講演している番組の収録である。
平筆で、ぱっぱっと雲や山、
湖をさっさっと描くシーンが
流れていましたびっくり
とても陽気な外国の方で、
その画面にうっとりする人の
あつまりの皆様のお顔を拝見すると、
皆、「あんな風に描けたらいいな~」と、
うっとりハート
みんな潜在意識では、
絵を描きたいんだな~と
思う今日この頃ですどきどきハート
その方のオリジナルの
技法もさることながら、
「ほら、とても簡単でしょ?!」と
語りながら絵を展開する姿に、
「あ、これなら、描けそう」と
夢見る今日この頃ですウィンク
(見た目以上にむずかしいのでしょうが・・・うっしっし
どんどん山や湖が、さぞかし簡単そうに、
描かれる姿・技法に目を奪われ、
すっかり人だかりの一員になってしまった小生スマイル
最初は、「あ、こんな筆の使い方があるんだ~、
日本画にも応用できるかな~」と飛び込む画面に
目ばかり奪われておりましたが、
あっと言う間の30分どきどきハート
写真27.JPG
その後、繰り返しの
二回目もはまってしまいましたOK
二回目となると、今度は、
その描いている画家の方の言葉に、
耳を奪われてしまいましたきらきら

言葉、ひとつひとつに
(通訳の人がうまいのかも?)、
教え方が、とってもその方のやさしさに
心がときめいてしまいました。
特に印象的な事は、
「色の重ね方は、色の濃い上には、
薄い色。薄いところには、
濃い色と・・・・決して、濃いところには、
濃い色、そして、薄いところには、
薄い色を重ねて塗ってはいけません。
それはまるで、人生に楽しい事もあれば、
悲しい事もあるように。
ず~っと同じでは面白くありません。
もっとも私の人生は、
ずっと楽しい事ばかりですが。
好きな所に、山や木、湖を描きますが、
私の描く木や湖は、みんなハッピーです」
・・・
と語られたのですOKOKOK
この方のひとつのキャンバスには、
人生が彩られているんだなと
感動する今日この頃です。
「キャンバスの中では、
自分でどこに木を描こうなどと、
すべて自由の世界があるのです」
なんて、更に追い討ちを描けるように、
素敵な絵と言葉が伝わってきて、
あっと言う間の一時間でしたどきどきハート
今まで、独学で、魚の絵を描く際、
色の薄い部分を描き、だんだん
濃い色をのせていくという
事をしてきましたが、
その講師の方がおっしゃるように、
人生の濃淡を表現できるよう、
濃い色、薄い色を交互に
描き表したくなった今日この頃です四つ葉
残念ながら、その方は1995年に
亡くなられたそうですが、
こうして感動をDVDに吹き込まれた
魂に出逢えたことに
感謝の氣持ちでいっぱいですOK
改めて、絵って、よくも悪くも
人柄がでるんですね。
そんな人を感動や喜び幸せで
いっぱいにできるように、
心も磨いてまいりますスマイルきらきら

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

6 件のコメント

  • 初めて書き込みさせていただきます。小生も、柏近くに住んでいまして、丁度、その同じ金曜日にその場面に遭遇し、感心してdvdを見ていました。ひょっとすると同じときに見ていたのかもしれません。確かにキャンパスには、人生が彩られているのですね。講師もさることながら、貴方の魚の絵と味わいのあるコメントにいつも、胸を打たれています。

  • 昨日魚年画伯のブログに初めてお邪魔しました。
    今日職場に飾られている3枚の貴方の絵をゆっくり拝見しました。
    今まで、仕事をしてる時ずっと気になっていたんです。
    魚の絵と一緒に書かれている言葉。
    すごく素敵です。魚の色がきれいでとても気に入りました。
    http://sansara-ulc.at.webry.info/

  • nextpeakさん
    ご丁寧にありがとうございます。
    もしかして、同じ時に観ていたかも
    しれませんね。
    ぽかん~とアホ面した小生を
    見られていたかも・・・・

    胸を打たれるだなんて、
    テレてしまう今日この頃です。
    同じ柏でしたら、再び
    お目にかかれましたら
    幸いです。

  • sarahさん
    ご丁寧にありがとうございます。
    職場というと、小生のお客さんの
    会社かな??
    ゆっくりご覧下さり、
    テレてしまう今日この頃です。
    これも何かのご縁ですね。
    ご丁寧に、お褒めのお言葉付きで、
    sarahさんのやさしさが、
    目に浮かぶようです。
    何かのヒョウシで、
    お目にかかれたら幸いです。

  • 画伯さま、sarahのブログに来ていただき嬉しかったです。
    絵が描ける方、ホント尊敬します。
    こんなに素敵に魚を描けるなんて羨ましい限りです。

  • sarahさん
    再度、素敵なコメント
    ありがとうございます。
    ところで、sarahさんが
    職場でご覧になられた小生の
    葉書って、どなた宛に
    出したものでしょうか?
    すっかり、
    興味津々な今日この頃です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です