本当の意味で、お客様を守るということ・・・

魚画伯です。
先月から最新版【お客様の緊急連絡先リスト】
を本格的に作成しはじめました。
今まで、「いざという時に緊急連絡先に
小生が代わりに連絡します」とお客様に
連絡先リストの作成をご協力して頂き、
緊急連絡先のご自宅の電話番号と
ご住所をお伺いしていました。
その際に、お客様より「それは、大切な事だよね」と
お褒めのお言葉を頂くも、「住所は今わからないな~、
後で調べて連絡するよ」と
その後、催促するもなかなか日々の生活がお忙しく
緊急連絡先リスト作成も、ままならず、
お客様にあまりご負担をかけては・・・・と思い(弱気)、
緊急連絡先リストに関しては、
ぐずぐずな日々を送っておりました。
ところが、先月となりの営業所長が
「緊急連絡先リストを作りましょう」と朝礼で
営業マンに語っていらっしゃるのを耳にしました。
「最近、作ってなかったな~」
と反省しながら聞いていると
「保険の不払いが叫ばれる中、
本当に保険金をお届けするためには、
受取人の方の連絡先だけ知っていたのでは、
守れないかもしれない」という言葉に、
ビビッときました。
思えば、奥様が受取人になっていた場合、
ご夫婦で車の事故などで、
同時になくなってしまった際、
お子様の教育資金、結婚資金など含めた
保障であるはずのお預かりしている保険
にもかかわらず、お子様やご親戚の方からの
連絡体制が整っていなかったら・・・・。
そんな緊急時に、今まで作成した
小生の緊急連絡先リスト、ご
自宅の電話では、対応できないかもしれないと
反省する今日この頃です。
早速、隣の営業所の朝礼が終ると、
「どんな促し方をされていらっしゃるのですか?」
と伺うと、情報を得るだけじゃなく、
そのリスト先に、自分が担当であり、
そして自分の連絡先を知ってもらう
という大切さを教えて頂きました。
この場で、保険会社の誹謗・中傷を
する訳ではございませんが、
支払い漏れを本当の意味でなくすためには、
保険会社だけには任せておけない、
担当者レベルでも、より一層、
お客様との関係を深くしておく大切さ、
そんなアドバイスを頂き、
緊急連絡先リストを最新版として改め、
ご契約月や名義変更などでお伺いした際、
必ずそのリストの作成にご協力して頂く
ことにしました。
小生の予想以上に、
喜んで記入して下さるだけでなく、
その場で「私の保険の担当に
長谷川さんという方がいるので、
よろしくね」とお電話して下さる方も多く、
この連絡体制を整えていく大切さと
お客様の喜びの笑顔を目の当たりにして、
おかげさまで、ますますこの仕事に
やりがいと情熱を感じる今日この頃です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

6 件のコメント

  • そういう心構えでいて下さる方がいると信用し、お任せするのですけどね。
    個人情報の問題ではないですよね。

    魚の言葉・・私には残りの人生が数えられるようになってきていますので、今が大切と思って日々過ごしております。

  • 魚年画伯さんの言われるように「担当者レベルでも、より一層、お客様との関係を深くしておく大切さ」これは絶対必要です。法律的に顧客は保険会社に属するといわれてますが、魚年画伯さんのお客さんなんですよね。
    保険は、人的関係が深い契約ですか大切にしてください。

  • sunny-smile2005さん
    いつもご丁寧にありがとうございます。
    結果的にお客様が増え、お守りさせて
    頂く方に囲まれ精進できれば、幸いです。
    まずは、イカにご契約中の
    お客様に一流のサービスを提供できるか、
    小生の生きがいでもあり、
    課題です。

  • リエさん0037さん
    いつもありがとうございます。
    そういう心構えでいさせて
    くれるお客様に囲まれ、
    そして会社では、そういう環境に
    いられることに、感謝の氣持ちで
    いっぱいです。
    残りの人生は、誰が長いかなんて
    わかりません。
    余命を宣告された方に
    哀れみを感じて見舞いに
    来た方が、交通事故で
    先に亡くなるなんて事だって
    あるのですから、
    小生だって、今この瞬間を
    大切にしたい今日この頃です。

  • あたごおかりなさん
    いつもありがとうございます。
    業界の大先輩としても、
    いつも勇氣を頂いております。
    小生の会社は、株式会社で、
    相互会社ではないので、
    法的には、お客さんは、保険会社には
    属しませんが、人間関係をそんなには、
    求めていないよというお客様も
    何人かいらっしゃるかもしれませんが、
    その方は、長谷川を担当にしてしまった
    と諦めて頂いて(笑)、どんどん
    関わって、より一層、お客様のために!
    と小生なりの新しいサービスを
    していきたいと存じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です