日々学ぶ事多し・・・

魚画伯です。

昨日は、娘のピアノのレッスンをしてくれる
お家まで、同行してきましたスマイル
夕方の商談と夜の商談まで時間があったので、
妻から「雨の中、3人連れて行くのが大変、
一旦帰ってきて、二人家で見ていてくれる?」
と依頼が入りました雫
妻も風邪ぎみでしたので、
「俺がピアノ連れて行くよ」ということで、
同行に至ることにあっかんべー
「え~パパと行くの?」

「いやなの?」
「いいよ~スマイル
と娘は、少々テレぎみ。
そんな上目遣いで
「いいよ~」と言われたら、
こっちがテレてしまううっしっし
そんな二人を見た妻は、
「はいはい、早くいってらっしゃい~ウィンク
とあたたかく?見送ってくれる。
大人の足だったら、
5分くらいで着くところですが、
子供の足にあわせて、
そして傘を差して歩いてということもあり、
15分くらいかかりましたうっしっし
途中雷がゴロゴロいなずま
怖がる娘は手をつないで来た目がハート
身長差から足元に娘の傘があたり、
ズボンはビチョビチョでしたが、
頼られているこの時間は宝物スマイル
楽しい時間は短く・・・
雷もおさまり
車の通りが少なくなる道に入ると、
パッと手を離し、前を歩く娘涙ぽろり
記念に写真でも撮っておこうと思い
後ろから撮ると、
フラッシュを雷と間違えてビビる姿が
(親バカです)かわいいきらきら

行きDSC01249.JPG
「いやだ~ぁ、パパ、
びっくりさせないでよ~」と
6歳になったばかりの娘が
いっちょう前の言葉を
使って返してくるのは、
成長が嬉しい反面、
少々成長が寂しくもある
今日この頃ですうっしっし
それでも長靴で水溜りに
入りたくなる姿は
まだまだ子供であるOK
娘のおがげで、
心ああったかくなってきましたハート(手書き)
家族を支えているようで、
家族に支えてもらっていると
実感する今日この頃です。
そんな氣持ちを
夜の商談で
家族の絆を深める
スーパー・プロデューサーとして
【家族の大切さ】を
表現できればと心に誓う瞬間でしたきらきらうっしっしきらきら
(昨日の商談はそれを表せたかは、
まだ確認しておりませんが・・・・雫。)

30分のレッスンが終わり帰り道は
雨が一瞬だけやみ、おかげさまで
傘を差さずに帰ることができました。
「パパ、雨やんだよ~、
明日晴れ~?」とはしゃぐ娘スマイル
帰りDSC01258.JPG

残念ながら、予報は雨であるうっしっし

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

10 件のコメント

  • ありゃ~!
    真剣に思っているつもりだけど、実現できていないということは真剣でなかったかと、反省しきりです。
    かわいいお嬢さんの後姿、いろいろ物語っていて、こちらも温かい気持ちになりました。

  • いつまで手を繋いでくれるのでしょう。。。。

    その暖かさを忘れずに育って欲しい親心! 
    肌から感じて欲しいですよね。我が家はすでに一人で大きくなったような態度の子供達 もう一度手を繋いでくれる頃に戻って欲しいような(願) 

  • リエさん0037さん
    いつもありがとうございます。

    真剣じゃないとも限らないですよ。
    もし、本来進むべき道で
    なかったとしたら、
    あえて実現せず、
    違う方へ進みなさいって
    教えてくれているかも??

  • sunny-smile2005さん
    いつもありがとうございます。

    肌から感じる・・・
    お陰様で、パソコンを閉じて、
    今から娘二人と手を
    繋いできます。
    三番目の息子は、
    昼寝中なので・・・・

  • ほのぼの~なエピソードですね。
    時間よ、できれば止まってほしいと思ったのでは?
    ところで、今日の魚は鯛のように見えますが、
    だじゃれはなしですか?

  • taasieさん
    いつもありがとうございます。

    小生も時間が止まったらいいのに
    とも思いましたが、時間が止まったら、
    小生も氣がつかない事でしょう(笑)

    生きている限りは、
    時間は止まらないので、
    その瞬間・瞬間、
    大切にしたい今日この頃です。

    駄洒落・・・・
    今回の魚は、キダイといいまして、
    黄色い鯛なのです。
    キダイだけに、キタイ(期待)を
    込めて描かせて頂きました。

    ちょっと捻りすぎ??
    強引すぎ??(苦笑)

  • ほのぼの・・・こちらまで伝わってきました
    小さい頃は何気なしにかわいくって・・・
    だんだん離れていくようになって寂しい気がしてました。
    でも最近こっちが寂しがっていても仕方ない!
    子供に合わせて成長して応援できるところはその子供に合わせればいいんだ・・・って思ったらす~っとらくになってなんとなく楽しんでます
    でもやっぱり小さい子供の手をとって歩きたいな~
    今9歳になった娘でぎりぎりかな・・・って思います。なんともうらやましい!!

  • puu太さん
    うらやましいでしょう~(笑)

    【子供に合わせて成長して応援できるところはその子供に合わせればいいんだ・・・】って、
    素晴らしいですね。

    お陰様で、勇氣が
    ますます湧いてきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です