誰もが自分の人生を送っている。

誰もが自分の人生を送っている。

自分以外の誰かが変わってくれたら幸せなのに・・・なんて考えていませんか?

誰かが変わればという発想は、誰かに支配されていることを受け入れることにもなる。

自分の人生は、自分が主人公であり、自分の人生を幸せな舞台にするかどうかは、すべて自分に責任があるんだ。

責任があるからといって、責任感という重圧に苦しまなくてもいいよ。

あなたは幸せになる権利があるんじゃなくて、幸せになる義務があるんだ。

相手を変えようとせず、自分を変えよう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。