卒園式!保護者代表挨拶~書き終わりました~

卒園児保護者代表挨拶の原稿、書き終わりました。
お礼状.jpg
子供たち3人とも同じ幼稚園で、卒園させて頂く事に、改めて感謝の氣持ちでいっぱいです。

お礼の言葉


卒園児のみなさん。ご卒園おめでとうございます。

 

誠に僭越ではございますが、本日、卒園児保護者代表と致しまして、一言御礼の言葉を述べさせていただきます。

改めまして、本日は、私ども子供たちのために、厳粛かつ盛大な卒園式を執り行って下さり、誠にありがとうございます。

 

理事長先生・園長先生をはじめ、諸先生方には、言葉に語りつくせないほど、本当にお世話りなり、感謝の氣持ちでいっぱいです。

 

また、ご来賓の皆様におかれまして、公私ともにお忙しい中、ご臨席を賜り、誠にありがとうございました。皆様から賜りました心温まるお祝いのお言葉、そして、励ましのお言葉は、卒園する子供たちの胸に深く刻まれた事でしょう。

 

先程、園長先生より卒園証書を手渡される卒園児、みんなの堂々たる立派な姿を拝見して、親として今日まで、一緒に成長できた事、嬉しく存じます。

 

子供たちの2年、3年は大きい。2年前、3年前に、あんなに幼かった子供たちが、こうして肉体的にも精神的にも逞しく成長できたのも、先生方の親身  かつ熱心なご指導のおかげでございます。

 

 

私事ではございますが、我が家では、3人目の子供が豊四季幼稚園を卒園させて頂く事になりました。思い起こせば、最初の長女が、入園させて頂いた頃。

 

初めての幼稚園バスに乗る時、親である私たち夫婦は、親から離れたくないと「きっと泣くに違いない」と心の準備をしておりました。子供の涙につられて、こちらも泣くかもしれないと・・・・

 

いざ幼稚園バスが到着すると、初日にもかかわらず、あっと言う間に、「ばいば~い」と言って手を振り払って、意気揚々とバスに乗っていってしまいました。

 

拍子抜けしてしまい、夫婦で顔を見合わせた事が、今でも昨日のように感じられる今日この頃です。

 

それから、いろいろな園の行事に参加してきた子供たちですが、特に印象的だったのは、夏のお泊り保育。「泊りは嫌だ~」と行く前に泣いていた3番目の息子が、一晩明けて、帰ってくると、目を輝かせてくる姿に、「一回り大きくなったな~」と成長ぶりに驚かされたものです。

 

作品展や秋の運動会、発表会など・・・・振り返れば、ここで語りつくせませんが、改めまして、子供たちの命を預かるという尊いご職業を通して、いつも見守って下さった先生方には、本当に感謝の氣持ちでいっぱいです。

 

本当にありがとうございます。

 

 

そんな数々の思い出、経験を胸に、本日卒園児である子供たちは、この豊四季幼稚園を巣立っていきます。幼稚園で培った「礼儀作法」や「生きる力」があれば、力強く、逞しく、そして愛らしく、小学校に入り、これから迫りくる人生の壁が目の前に現れても、きっと乗り越えられる事でしょう。

 

 

親子共々・・・“本当の喜び”と“ありがとう”を学ばせて頂きました。

 

誠に勝手なお願いではございますが、人生の途中、くじけそうになった時、子供たち、そして親たちも、人生の相談として遊びに来させて下さい。与えられたご縁に感謝しながら、これからも大切に育てていきたいと存じます。

 

 

最後になりますが、豊四季幼稚園の今後の更なるご発展と、理事長先生、園長先生をはじめとする諸先生方、そして本日会場にいらっしゃるすべて皆様に おかれまして、ますますのご健康とお幸せをお祈り申し上げます。

 

私たちの古里であり、故郷である

豊四季幼稚園は、永遠に不滅です。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

卒園児 保護者代表 長谷川平蔵の父、長谷川隆之

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です