木の神様に教わった事

さより.jpg 

魚の絵しか描けない保険屋こと魚画伯です。
今日も生かされている事に、感謝しながら、
精一杯生きていきましょう。

今日もありがとうございます。
本日分かち合い(愛)たい神様は・・・・
大屋毘古神(おおやびこのかみ)様でした。

2011-12-04 10:29:11

テーマ:現実を自分のうちに見つける
古いパターンに氣づき手放す
『樹木はただそこにあり、体験し、
自らを悠久の時の中に知るのです。
天と地の間で調和を取りながら、
外に起きている出来事を個人的に
受け止めはしません。
日照りが続いていても、それを
自分のせいとは思わないでしょう。
大きな木のように、大地に根を
下ろして、自己中心性という眠りから
覚める時が来ています。』

 

 

今朝の神様から頂いたインスピレーションひらめき

木は、その状況が氣に入らなくなったとしても、
その場所を自ら変えようとしませんウィンク

ただそこに、根をはり、枝を伸ばし、葉をつける四つ葉

あるがまま、その状況を悲しむ事もせず、すべてを
受け入れ、訪れた者を拒む事無く、自ら与えようと
しなくても、木陰で安らぎを与える晴れ

 

誰もが心の底にある神の慈悲と共に、安らぎを
与える者も、与えられる者も、エネルギーは同じきらきら

 

同じエネルギーが引き寄せられるという大必然に、
今日も与えられたご縁に感謝の氣持ちでいっぱいですきらきら

 

来る者拒まず、去る者追わず・・・・手書きハート

 

今日もあるがまま、ありのままに、今目の前の人との
喜びを胸に、精神的にも肉体的にも霊的にも成長
していきたい今日この頃です音符

 

人生前向きなあなた様にとって、あなた様らしく、
今日も今という瞬間に輝き、ますます素敵な日で
ありますように四つ葉

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です