和価値愛カード18番『影』・・タカベ(鰖)

和価値愛カードの説明

カード番号 18番 『影』
魚の絵  タカベ(鰖)/タカベ科/夏/25~30㎝
磯魚特有の香り。黄色のラインが綺麗。塩焼き・煮つけ・蒸しもの・揚げもの・干物など。
このカードが出た時は
今まで恐れていた事から逃げずに直視する時期にきている事を教えてくれています。 

陰と陽のバランス

不自由な環境は自分自身で作っていると受け入れ、自分の今の状況に責任を持ちましょう。終わらせたければ、いつでも終わらせます。もう少し学びたければ、学べばいい。学びが終了しているのなら、必要以上、そこにとどまる事はありません。謙虚と卑屈は大きく異なる。今の状況に対しての感情を素直に表現してみるのも大切。陰と陽のバランスを整えて、内なる男性性と女性性を融合し、自分との対話を深めてみましょう。

生々流転

すべての物事は変化する。暗闇のように思えた長いトンネルにも必ず出口はある。出口のないトンネルは存在しない。他人や過去を否定してばかりいる事は、暗闇のトンネルを長引かせるだけ『出口は間もなく!』と勇氣元氣を出しながら、トンネルそのものの風通しもよくしておきましょう。明けない夜はないように、出口のないトンネルはないと言い聞かせて下さい。それが真実。国境の長いトンネルを抜けるとそこは、光の国だった。

浄化

この時期には、霊的感受性が非常に強くなっているので、必要に応じて、感度を落とす事も必要な場合もあります。目の前の汚れに氣がついたら、綺麗に片づけたり、掃除を楽しみましょう。無我夢中で掃除などをしていたら、いつの間にか心の浄化も済んでいるかもしれません。

向き愛

これまで、恐れていたものや避けていたものに正面から向き愛ましょう。斜めから見ていた景色は恐ろしく思えた事が、正面から見たら、案外かわいいと思えるかもしれません。直視する事で、解決方法が湧きあがるでしょう。影があるからこそ、光を感じる事ができる。内なる光に氣づいたら、不要な闇を一掃し、影をも包み込むような器になって下さい。器を広げる楽しみを讃え愛ましょう。向き合う事で、あなた自身がすべてを照らす光であると思い出す。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*