和価値愛カード12番『犠牲』・・サバ(鯖)

和価値愛カードの説明

カード番号 12番 『犠牲』
魚の絵  サバ(鯖)/サバ科/秋/約50㎝
締めサバ・みそ煮・塩焼き・竜田揚げ・京都のサバ寿司・福井のサバのなれ寿司
サバの生き腐れという言葉があるほど、傷みやすい魚。背の文様が綺麗。
このカードが出た時は
自分の成長を妨げているのは何かを見つめなおす必要があると教えてくれています。 

確認

手放す必要があるものを見つめ直す。受け入れる事受け流す事を覚えましょう。手放すものは、波風立てずに終了させ、そこに怒りや悲しみのエネルギーを停滞させないようにしましょう。どんなに困難な状況であると思っていても、自分を犠牲者にしてはいけない。そして、自分を被害者だとも思いこんでもならない。停滞も魂の計画通り。今は受け入れる事は難しいように思える事も、時が解決してくれる。本当の自分は計画通りで、すべて順調であると知っていますが、自我の自分には、今は理解ができないかもしれません。過去の解釈で、今、無理やり理解しようと焦ってはいけません。一息ついて、喜びと感謝があふれるまで、舞台から一度降りてみましょう。客席から見る自分のドラマをどう見つめますか?自分の事を一番知っているのは自分でありつつ、自分の事を一番知っていないのも自分だったりします。観客席から自分の人生という舞台を見つめ直せば、監督も脚本家も演出家も自分であった事に氣づくでしょう。思い出したら、もう一度舞台に戻って下さい。

生きていく中で

答えは、生きていく中で見つけるしかない。人生は魂の成長を目的としたゲームのようなもの。それをリアルな経験をさせてくれるのは、魂の乗り物である肉体のおかげ。あなたの肉体は借り物であるからこそ、大切に扱わなければならない。明けない夜はないという事を思い出して下さい。

結果はコントロールできない

反応的な人生から創造的な人生へ。どういう役割を演じているか?自分で演じたいと進んで選択しなければ、誰も犠牲者にはなれない。まして、他の誰かを犠牲者にする事で、自分のバランスが整う事は決してない。コントロールできない事に執着する事無く、今、目の前の人の笑顔に意識を集中しよう。犠牲者としてでなく、目の前の人の笑顔があれば、自分はどうなってもいいと思えた時、自分自身も救われているものです。そうした方が楽しいし、心が明るくなる。大変な時代が来たと慌てるか?素晴らしい時代が来たかと喜ぶかは、自分自身。

人生は、サバ威張るゲームではありません。

自分にサバをよめば、内なるサーバーがダウンする(笑)。サバはよまずに、食べるだけにしよう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*