徒然なるもの・・・アラ探しはしない・・・蒔いた種は自分で刈りとる。

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

蒔いた種は、自分で刈りとらなければならない。

これは、厳しくもあるようで、平等。

どんな種を蒔こうか?

不平や不満の種を蒔けば、不平や不満の実がなるだけ・・・

どんな実がなって欲しいか?蒔く前によく考えよう。

感謝という肥沃の大地に、光の種を蒔こう。

 

アラ探しをすれば?

アラ探しは、自分の弱さからしたくなる衝動。

アラ探しの向く先は、他人だろうと自分だろうとどうでもいい。

他人も自分もいいところを見つける達人になろう。

アラ探ししたくなったら、もう一度自分に問いかけよう!

どんな実を結びたいのか?

今、どんな種を蒔いているのか?

 

本当のあなたは、愛や光、喜びや感謝しか蒔けない。

アラ探しをすれば、荒波の人生に飲み込まれる。

自分で作り出した状況を恨むことなかれ。

 

今日のあなたは最高。

本当のあなた自身に気がづけば、アラ探しをしなくても、自尊心は奪われない。

今日のあなたは最高。そして今のあなたは永遠。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA