徒然なるもの・・・修学旅行の見送り

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 
 

先日、末っ子長男 平蔵の修学旅行。

妻は、長女、次女のお弁当作りなどで見送りは小生の役割。

学校に到着すると・・・

その日は、なぜか学校の先生たちが、次々

「今日は、宜しくお願い致します」って礼儀正しく、挨拶してくてくれました。

平蔵が学校で活躍しているのかな?

平蔵の父親として、これは襟(えり)を正さなくては・・・と氣愛が入る今日この頃。

 

先生たちが何人も挨拶してくれた理由とは?

先生たちが、他のご父兄とは異なり、丁寧に挨拶してくれたのは、

修学旅行に同行する添乗員の人と間違われていたようです。

 

「あら、私、旅行会社の人かと思っちゃった」

「あら、私も・・・」

なんて会話が聞えてきちゃいました。

 

なんのこっちゃ・・・(笑)

昨年、平蔵の担任をしてくださった先生が、その後、氣づき・・・

「平蔵君のお父さんでしたね。てっきり旅行会社の添乗員さんかと間違えてしまって・・・

よろしかったら、男手が足りないので、本当に一緒に来て頂けると助かります・・・」

なんて、言われて、少し恥ずかしかった今日この頃です。

 

確かに、スーツ姿は、小生一人だったし、間違われても無理ないかな?

 

旅立ちの会が校庭で行われて、バスのあるところまで、ぞろぞろと歩きながら見送り。

お陰様で、無事に3台のバスが日光に向かって走り去っていきました。

その日の夜は、一人いなくなるだけで、我が家は静かになるものですね。

林間学校の2泊3日と違って、修学旅行は1泊2日であっという間ですが、大人になって帰ってくるのが楽しみです。

 

修学旅行の夜は、頭をくっつけあって寝ていたら、見回りに来た先生に怒られたらしい。

「頭をくっつけて寝たら、同じ夢を見るらしい」

ということを信じて、実験したようです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*