徒然なるもの・・・平蔵頑張れ!

魚画伯
家族の絆を深めるスーパープロデューサーの長谷川です。 

お陰様で、昨日の土曜日から平蔵、少年野球の練習に参加させて頂きました。

「子供に野球をやらせたい」という親のエゴのもと・・・(おもにパパである小生)

説得し続けて、3年間。

小学6年生のこの時期になってしまいました。

本人だけがやる氣あっても、親の協力が必要な少年野球。

週末が仕事が多いため、親としてもフォローができないという言い訳。

コーチをしている大学の同級生が、「そこはフォローするから、任せて」と言い続けてくれたおかげで、先週見学および体験。

それまで、平蔵は、聞く日によって、「やってみようかな」という日もあれば、「やりたくない」という日もある秋の空のような返事が続く日々。

体験後、「ユニフォームはどうするの?」「グローブとバットが欲しい」という積極的な返事が・・・

昌子ちゃん 洗濯ありがとう。

 

今日は青空の下、洗いたてのユニフォームで、いってらっしゃい。

「何事も遅すぎることはない」という言葉を胸に・・・

 

最後に・・・

野球に限らず、プレーができるためには、いろんな人との関わり愛があるから・・・

改めて、平蔵にかかわってくれた人たち、そして、平蔵自身からも、たくさん教わりました。

小生も親としてだけではく、自分自身の成長していかなければならないと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA