先日娘の卒業式を終えて・・・

先日のホワイトデイ14日は、長女の卒業式でした。

お陰様で、9年間の義務教育を終えて、4月からは女子高生。

娘の成長が嬉しい反面、「いつまでも子供のままでいてくれ」という氣持ちが交差する。

現在中一の次女の情報によると卒業生の中で、一番泣いていたそうです。

「長谷川のお姉ちゃんが一番泣いていたんじゃないか・・・(笑)」って友達にからかわれる今日この頃。

感動し屋さんの性格まで、似なくていいのに。

 

在校生の合唱も、感動的でした。

一生懸命歌ってくれる姿も、歌詞もジーンときましたよ。

 

親への手紙

卒業生からの恒例行事のひとつ・・・親への手紙

パパとママへ・・・

中三になっても、未だに・・・お父さん・お母さんと呼ばない。

小学校高学年に入る時、「そろそろパパ、ママはやめて、お父さん、お母さんって呼びなさい」と言ったものの、
娘が「だって、パパは、パパ。ママはママだもん」って言い方がかわい過ぎて、今日まで許してしまった今日この頃です。

 

そんな封筒を眺めながら、明ける前から目がうるうる・・・

「どういう氣持ちで書いてくれたんだろう」と想像を膨らませただけで、自然と目頭が熱くなる。

 

あいにく、妻は当日熱が出てしまい、小生一人の参加でしたので、泣くのはこらえました。

きっと夫婦で参加していたら、夫婦二人して、号泣していたんだろうな・・・

さすが、もえちゃん・・・

手紙の内容、親の感動スイッチ・・・ココロ得てるな・・・(苦笑)

 

そういえば・・・

家に帰ると妻、昌子ちゃんは、娘に「もえちゃんの卒園式の時も、ママは体調崩して大変だったのよ」と言っていた。

そういえば、そうだったね・・・

 

そんな9年前が最近のようにも、遥か昔のようにも感じられる。

今回は、目頭が熱くなるところで、ふんばれましたが、卒園式と小学校の卒業式は、泣いてしまった。

特に、卒園式の園児による「おもいでのアルバム」は、泣きスイッチマックスで、嗚咽(おえつ)しそうなほど、泣いてしまったっけ・・・

たくさんの思い出と親孝行な月日、本当にありがとう。

 

最後に・・・

担任の先生を始め、娘の成長に携わってくださった方々、本当に娘がお世話になりました。

担任の先生から生徒一人一人に送られたメッセージ。本当にココロがこもっていて感動しました。

大事な中2、中3という二年間、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*